• 給料前払いサービス

給料売買・前払いプラットフォームPayTrade

あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込します。

クレジットカードの審査に通らない理由は?通過するコツや解決策も解説!

登録日:2020.4.6  |  最終更新日:2020.4.7



「クレジットカードに申し込んでみたけど、審査が通らなかった…」

「審査に通るコツって何かあるの?」

こんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードで審査に通らない場合、必ず理由があります。

しかし、クレジットカード会社は審査に落ちた理由を教えてくれないので、自分で審査落ちの原因を特定する必要があります。

そこで、本記事ではクレジットカードで審査に通らない理由や審査に通すコツなどについてご紹介します。

最短即日でお金をゲットしたい方はこちら!


クレジットカードの審査に通らない理由


クレジットカードで審査に落ちてしまう理由は複数あり、必ずしも特定の理由がわかるわけではありません。

しかし、審査落ちしてしまう人には共通の理由があります。

ここでは3つのカテゴリーに分けてご紹介します。


①属性に関する理由

まずは属性に関する理由で、具体的には次の5つになります。

  • 収入が少ない
  • 職業が不安定
  • 勤続年数が短い
  • 居住年数が短い
  • 賃貸物件に住んでいる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

収入が少ない

言うまでもありませんが、クレジットカードを利用すると支払いが必要になってきます。

そのため、支払い能力がない方は、クレジットカードを利用することができません。

カードランク別に必要な収入は次の通りになります。

  • 年会費無料カード:年収300万円以上
  • ゴールドカード:年収500万円以上
  • プラチナカード:年収700万円以上
  • ブラックカード:最低年収1,000万円

こちらはあくまで目安になりますが、カードの審査が通らなかった場合は、収入が足りていなかったと考えてもいいでしょう。

職業が不安定

クレジットカードの審査では職業も見られます。

基本的に正社員であれば審査に通りやすいと言われています。その中でも公務員や大企業に勤務している方は特に審査に通りやすいでしょう。

一方で、派遣社員やアルバイト・パートの方は審査に落ちてしまう可能性が正社員に比べて高くなります。

これは正社員に比べて収入の安定度が低いためです。

勤続年数が短い

会社に就職して間もない場合やアルバイトを始めたばかりというような方も審査に通らない場合があります。

一般的な会社には試用期間が3か月程度設けられています。そのため、勤務期間が3か月以内の場合、会社に継続的に勤められるとは言い切れません。

万が一、継続が困難になった場合、収入源が途絶えてしまい支払いができなくなることが考えられます。

そうなるとクレジットカード会社にとって非常にリスクとなるため、審査に通さないケースが出てきます。

居住年数が短い

居住年数が短いことも審査に通らない理由の一つです。

居住年数がある程度経っていれば、毎月の家賃を支払えるほどの安定的な収入があると判断され、審査に通りやすいです。

一方で、居住年数が短いと働き始めて間もないと考えられるため、審査のハードルは上がってしまうでしょう。

賃貸物件に住んでいる

住んでいる物件が持ち家ではなく賃貸だと審査に不利だと言われています。

これは賃貸だと毎月家賃が発生してしまうためです。

一方で、持ち家の場合は賃料が発生しないため、支払い余力が大きく支払いが滞る可能性が少ないと考えられます。

そのため賃貸より持ち家のほうが審査には有利となります。

②クレジットカード利用歴に関する理由

続いてクレジットカードの利用歴に関する理由です。


具体的には次の5つの理由があります。


  • 借入金額が大きい

  • リボ払いを利用している

  • 返済延滞・滞納をしている

  • 債務整理や自己破産をしたことがある

  • クレジットカードを持ち過ぎている


それぞれ詳しく見ていきましょう。

借入金額が大きい

すでに消費者金融やカードローンなどの借入を行っていると、それだけで審査は不利になります。

これは借入をしていると借金の返済にお金を使う必要が出てきて、クレジットカードの支払いが滞る可能性があるためです。

また、クレジットカード会社は消費者金融などからの借入を嫌う傾向にあるため、複数社から借入をしている場合は特に審査に通づらいかもしれません。

リボ払いを利用している

リボ払いは金利が非常に高く設定されているため、月ごとの支払いは少ないですが、トータルの支払い額は気づかないうちに高額になってしまいます。


そのため、お金に困っていない人は利用することはありません。

一方でお金に困っている方は、大きな買い物をしても一括で支払いをできないことがあるので、リボ払いを使っていることが多いです。

つまりリボ払い利用している時点で、お金に困っているのだと判断することができます。

そのような人にクレジットカードを発行してしまうと、支払いを滞納されるリスクがあるため、リボ払いを利用していると審査に通りづらくなるでしょう。

返済延滞・滞納をしている

言うまでもないかもしれませんが、クレジットカードの支払いを滞納した経験のある方は、審査に通りづらいです。

「返済を滞納している=お金がない」ということになるので、基本的にクレジットカード会社は滞納者を避けます。

また、返済の遅延が3か月になると延滞と呼ばれる状況になります。

これはいわゆるブラックリスト入りとなるので、クレジットカードは作れないと思って間違いないでしょう。

債務整理や自己破産をしたことがある

債務整理や自己破産をしたことがある方も審査に通る可能性はほとんどありません。

一度でもこのような状況に陥ってしまったということは、お金にルーズな人であると言わざるをえません。

そのような人に対してお金を貸すことはクレジットカード会社にとって非常にリスクと言えます。

お金を貸した相手が自己破産をしてしまうと、せっかく貸したお金が全く返ってこないので、審査に通らないことは言うまでもないでしょう。

クレジットカードを持ち過ぎている

複数のクレジットカードを持っていると審査に落ちてしまう場合があります。

一見すると「複数のクレジットカードを持っている=信用がある」と思われ、審査に通りやすいように思うかもしれません。しかし、クレジットカード会社はクレジットカードを利用してもらわないと商売が成り立ちません。

複数のカードを持っていると、クレジットカードを使ってくれる機会が少なくなる場合があるため、審査に通さないとされています。

また、複数枚クレジットカードを所有していると利用限度額が膨れてしまい支払いが滞る場合もあるため、審査が厳しくなることもあります。

③その他の理由

これまで記載してきた以外に考えられるクレジットカードの審査に通らない5つの理由について解説していきます。

  • 年齢が若すぎる・高齢すぎる
  • 申込・記載内容に誤りがある
  • 審査基準の厳しいカードに申し込んでいる
  • 引越し直後である
  • 固定電話がない

それぞれ見ていきましょう。

年齢が若すぎる・高齢すぎる

年齢が若すぎたり、高齢すぎる場合、審査に通りづらいと言われています。

年齢が若すぎる学生や社会人の場合、収入が少ないことが考えられます。

同じように高齢者の場合も給料が少なかったり、収入が年金だけのことも考えられます。

収入が低いとクレジットカードの利用頻度が低かったり、利用があっても小額であることが想定されるため、クレジットカード会社にとってあまり旨味がありません。

その結果、審査に通りづらくなってしまいます。

申込・記載内容に誤りがある

初歩的なことですが、記載内容に誤りがある場合は審査に通りません。もっと言うと、虚偽の記載をしている場合も審査に落ちてしまいます。

例えば、他社からの借入額が本当は30万円くらいあるのに、借入していないと記載するなどそういったことです。

クレジットカードは信用を非常に重視しているため、嘘を付いてしまう人にはカードを発行することはできません。

クレジットカードに申込する際は正直に情報を記載しましょう。

審査基準の厳しいカードに申し込んでいる

クレジットカードにはランクがあります。


ランクとは

  • 一般カード(年会費無料)
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

などカードのステータスを指します。


基本的に一般カードは年会費が無料で審査に通りやすいと言われています。


一方でゴールドカード以上のランクになると、年会費がかかったり、収入基準が設けられていたりと、一般カードと比べると審査の基準が高いです。

そのため、ゴールド以上のカードに申し込む場合は、以下のような収入水準を満たしていなければなりません。

  • 一般カード:年収300万円以上
  • ゴールドカード:年収500万円以上
  • プラチナカード:年収700万円以上
  • ブラックカード:最低年収1,000万円

もし、カードを申し込んで審査に落ちてしまった場合は、申し込んだカードのランクに収入が見合っていたか確認してみるといいかもしれません。

引越し直後である

引越ししたばかりの方は、最近転勤したり、新卒で就職したばかりということが考えられます。つまり勤続年数が短いとも言えます。

全ての人に当てはまることではありませんが、勤続年数が短いとすぐに仕事を辞めて収入が途絶えてしまうことが考えられます。

収入がないと支払いがされない可能性があるためクレジットカード会社にとっては非常にリスクであると言えるでしょう。

そのため、居住年数が長い方に比べて、引越し直後の方は審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

固定電話がない

家に固定電話が引かれていないと、電話が繋がる可能性が低くなります。


クレジットカードの支払いがされない場合、カード会社は利用者に連絡をとる必要があるのですが、連絡が付かないと支払いが先延ばしになってしまうことがあります。

そのため、固定電話がない場合は多少審査に通りづらくなります。

しかし、最近はスマートフォンの普及で固定電話を引かない人も多くなってきているので、そこまで固定電話がないからと言って審査に落ちる可能性は高くないでしょう。

クレジットカードの審査を通すときの注意点とポイント



ここまでで審査に落ちてしまう人の特徴やポイントは掴めたのではないでしょうか。

ここからはクレジットカードの審査を通したいと考えている方に向けて、審査に通すために気を付けるべきポイントについて見ていきましょう。

具体的には次の3つのポイントになります。

  • キャッシング枠の申し込みはしない
  • 他社からの借り入れがある場合は返済する
  • 不要なクレジットカードを解約する

順番に見ていきましょう。

キャッシング枠の申し込みはしない

キャッシング枠とはクレジットカードを利用してお金を借りられる限度額のことです。

クレジットカードの申し込み時にこのキャッシング枠の設定をすることができるのですが、キャッシング枠を申請すると「申込者はお金に困っている」と思われて、審査の時にマイナスポイントになります。

そのため、どうしても審査に通りたい方はキャッシング枠を0円にして申しんで見るといいでしょう。

もし、少しは設定しておきたいという方は50万円以下で申し込みをしてみるといいでしょう。

これはキャッシング枠が50万円以上だと、クレジットカード会社が申込者の年収確認義務が生じ、審査基準が上がるためです。

他社からの借り入れがある場合は返済する

クレジットカードのキャッシングだけでなく、消費者金融やカードローンなどから借入をしている場合は、まずは返済をしてから申し込みをしましょう。

他社から借入をしているということは、お金に困っていると考えられます。

クレジットカードを利用しても支払いが行われないと、カード会社にとっては非常にリスクとなるため、審査に通さないケースが少なくありません。

数万円くらいの金額であればそこまで問題ないですが、複数社から2桁以上の借入をしている場合は、まずは借金の返済をしてから申込を行いましょう。

不要なクレジットカードを解約する

クレジットカードを何枚も持っている場合は、使っていないカードを解約すると審査に通る可能性が上がります。

クレジットカード会社はカード所持者にクレジットカードを利用してもらうことで商売を行っているため、利用をしてくれない人には発行してもあまり意味がありません。

以上の理由から、クレジットカードを複数枚持っていると、新規に発行したクレジットカードを使わない場合があります。

そのため、審査に通す確率を上げたい場合は不要なクレジットカードを解約してから申込してみましょう。

クレジットカードの審査に関する疑問点


ここからはクレジットカードの審査に関して気になる点について回答していきます。

家族が信用情報ブラックだと審査に落ちやすい?

親が自己破産をしているとクレジットカードを作れないなどの噂を耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。

しかし、結論から言うと親や兄弟などの家族がブラックだからと言う理由で審査に落ちる可能性はほとんどありません。

信用情報は一人一人に付くものであり、家族の一人がブラックであることが他の家族に影響を与えることはないです。

在籍確認があるカードはある?

クレジットカードは基本的に全てのカードで在籍確認が行われます。

クレジットカード会社が在籍確認を行っている理由は、審査条件に「勤務先」や「年収」「職種」などがあり、本当に申込時に記載した内容に誤りがないかを確認するためです。

ただ、必ずしも在籍確認が行われるわけではありません。

在籍確認が行われるケースとして多いのは次のような理由が考えられます。

  • 申込内容に不備があった
  • 過去に支払い滞納をした
  • キャッシング枠を高く設定した
  • ランクが高いカードに申し込んだ
  • 申込先のカード会社が在籍確認を必須にしている

以上のことに該当していなければ在籍確認が行われないケースも多々あります。

無職でもクレジットカードは作れる?

基本的に無職の方はクレジットカードを作ることは非常に難しいです。


これは言うまでもなく収入がないためです。

しかし、無職の方でもクレジットカードを作る方法は存在しています。

それが家族カードです。家族カードとは、家族がクレジットカードを持っている場合に使いで発行できる付帯カードのこと。

安定した収入を持つカード所有者(本会員)の信用に基づき、所有者の家族や配偶者に発行されます。

基本的に家族カードも本会員が持っているカードと同じ機能を使えるので、無職でもクレジットカードを持ちたい方は、利用してみるといいかもしれません。

信用情報がスーパーホワイトだと審査に通りづらい?

信用情報に関してブラックという状態は聞いたことがある人が多いかもしれませんが、スーパーホワイトという状態が存在するのをご存知でしょうか。

スーパーホワイトとは、クレジットカードの利用歴が全くなく、信用情報に何も載っていない状態を指します。

スーパーホワイトの方は、現金主義者とも言え、信用情報が載っていないためどの程度の返済能力があるかわかりません。そのため、カードを定期的に利用している方に比べて、少し審査に通りづらいと言われています。

しかし、これまでに金融事故を起こしたわけではないので、本人確認などで安定的な収入があることを証明できれば、クレジットカードを作ることはそこまで難しくありません。

審査に通りやすいおすすめクレジットカード


最後に審査に通りやすいと言われているクレジットカードをご紹介します。

具体的には次の3つのカードです。

  • 楽天カード
  • エポスカード 

  • ライフカード

楽天カードは高校生以上であれば誰でも申込ができると言われており、主婦やアルバイトの方でも作れるカードとしても有名です。

エポスカードは即日発行が売りのクレジットカードでマルイのエポスカード発行カウンターに行けば、その場で発行できます。

ライフカードは公式サイトにも「他社クレジットカードで審査が通らなかった方」「過去に延滞がある方」でも発行可能と記載されているくらい審査が甘いカードです。

上記カードは、どれも年会費無料で発行できるので、初めてクレジットカードを作る方にもおすすめです。

クレジットカードの審査に通らない理由|まとめ



クレジットカードの審査に通らないと不安になるかもしれません。


しかし、クレジットカードの審査に落ちることにはしっかりと理由があります。

審査に落ちてしまった方は

  • 収入が少ない
  • 支払いの滞納したことがある
  • 借入金額が大きい

など審査に通らなかった原因をまず把握することをおすすめします。

その上で、また新たにクレジットカードを申し込んでみるといいかもしれません。

給料前払いサイト
(ペイトレ)

PayTrade(ペイトレード)は
あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込できる
サービスサイトです。
ユーザー登録数
No.1
2,562
  • 1万円から現金化できる
  • メール・電話対応OK
  • 対面不要
  • 24時間365日受付中
  • 全国OK
  • すぐにお金をゲット
  • 融資ではありません
  • 信用情報等の問題なし
  • ブラックOK

カンタン
給料前払い

お申込みありがとうございます!
(※まだ完了ではありません)

勤務経験と月給があれば一次審査はOKです。
二次審査が完了次第すぐのご入金が可能ですので、引き続き情報のご入力をお願い致します。

※docomo.ne.jp、softbank.jp、ezweb.ne.jpなどの携帯メールアドレスでは、パソコンからのメールを受信拒否する初期設定をされている場合がございます。pay-trade.netからの受信許可の設定をお願いいたします。

ご入力ありがとうございます。
ご入金の準備を行いますので、給料明細と社会保険証を撮影して添付して下さい。

添付がある場合はスムーズなご入金が可能ですが、
お手元にない場合は一旦申込みを完了させてから送付頂いても問題ありません。

最後に、通帳の履歴を過去2ヶ月分撮影して添付して下さい。
(ネットバンクの場合はスクリーンショットで大丈夫です)
ネットバンクのリンク一覧はこちら

ご注意

お申込みありがとうございます。

ペイトレを利用した給料の前払い(給料ファクタリング)は、お電話・メールでの本人確認のご連絡が出来次第、受付完了となります。

申込後は、必ずお電話・メールで連絡を差し上げますので、連絡が取れる状態にしておいて下さい。

同意できる方のみ、以下の[同意する]にチェックを入れてから申込ボタンを押してください。

プライバシーポリシーはこちら

次へ

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

除外申請は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 申請の内容を教えてください。(必須)

2. 詳細(任意)

0 / 1000

ページ最上部へ