• 給料前払いサービス

給料売買・前払いプラットフォームPayTrade

あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込します。

ファクタリングとは?メリットとデメリットと審査のポイントを分かりやすく解説

登録日:2020.4.2  |  最終更新日:2020.4.7


企業の資金調達手段として、最近ファクタリングという方法が注目されています。

ファクタリングは、銀行から融資を断られた企業でも最短即日で資金調達することができる可能性のある方法として、企業にとって有用な資金調達チャネルの1つです。

しかし、ファクタリングは銀行借入とは異なり、まだまだメジャーでないことは間違いありません。

そのため「ファクタリングってなに?」「怪しい資金調達方法ではないの?」「闇金ではないの?」などと危惧している人も多いのではないでしょうか?

ファクタリングは合法な資金調達手段として、今は多くの企業が利用しています。

そこで、ファクタリングの特徴やメリット・デメリットなど、今さら人に聞けないファクタリングの基礎知識を詳しく解説していきます。 企業の資金繰り方法の1つとして有効な手段ですので、是非とも理解を深めておきましょう。

最短即日でお金をゲットしたい方はこちら!

ファクタリングの定義とは何?4つのファクタリングの種類


ファクタリングというと、「売掛債権を期日前の早期資金化すること」とだけ理解している人がほとんどではないでしょうか?

確かにファクタリングは売掛債権の早期資金化を可能にする方法であることは間違いありません。

しかし、ファクタリングには早期資金化以外にも様々な種類があります。

そもそもファクタリングは英語でFactoringであり、意味はfactorには要因、要素、原因、代理商、問屋、仲買人、因数、因子などの意味があるので、ここでは「決済の代理を行うこと」というような意味がファクタリングです。

そのため、早期資金化することだけがファクタリングではありません。

主なファクタリングの種類は以下の4つです。

  • 買取ファクタリング
  • 診療報酬ファクタリング
  • 保証ファクタリング
  • 国際ファクタリング

ファクタリングの4つの種類について詳しく解説していきます。

買取ファクタリング

買取ファクタリングとは、多くの人がファクタリングと認識している、「売掛債権を売却して早期資金化すること」です。

買取ファクタリングでは、期日前の売掛金などの売掛債権を期日を待たずに現金に変えることができます。

買取ファクタリングについては、詳しく後述します。

診療報酬ファクタリング

診療報酬ファクタリングとは、病院や介護施設などの売掛債権を期日前にファクターへ売却して資金化するファクタリングです。

診療報酬のうち保険負担分は、診療を行なってから入金になるまで最大で3ヶ月程度の時間がかかります。

診療報酬ファクタリングを利用すれば、3ヶ月の資金ギャップを1ヶ月半程度まで短縮することができます。

保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、売掛債権の保証をファクターから受けるものです。

保険のようなイメージで、売掛債権に対して保証ファクタリングを行うと、万が一その売掛債権がデフォルト(貸し倒れ)したとしても、ファクタリング会社から売掛債権の金額の支払いを受けることができます。

支払能力が不透明な新規取引先などに対する売掛債権に対して保証ファクタリングを利用することで、貸し倒れを心配することなく企業経営を行うことができます。

国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、海外の企業と取引をするときに、海外企業に対する売掛債権の支払いをファクターが保証するものです。

海外の企業は支払能力が不透明ですし、審査をする方法もありません。

そこで、国際ファクタリングを扱っているファクターが提携している現地ファクターと連携して、海外企業の審査を行い売掛債権を保証してくれます。

海外と取引が多い企業は国際ファクタリングを利用することで、海外企業と素早く安心して取引ができるようになります。

ファクタリングの仕組みとは?|わかりやすく解説


ここからは、最もベーシックで中小企業が利用することが多い買取ファクタリングについて詳しく解説していきます。

ファクタリングの仕組みは、基本的に売掛債権をファクターから期日前に買い取ってももらうことです。

そのため、自社に信用がなくても資金調達可能で、売掛債権の貸し倒れリスクも一緒に売却することができます。

ファクタリングの仕組みと特徴をわかりやすく解説していきます。

ファクタリングは会社の売掛債権(売掛金)の買取をしてもらうこと

ファクタリングは会社が所有している売掛債権をファクタリング会社へ売却して早期に資金化することです。

通常通りであれば、売掛金は期日になるまで現金にすることはできません。

そこで、ファクタリングでファクターに売掛債権を売却することで期日を待たずに早期に資金化することができます。

ファクターの中には最短即日で資金化してくれるところもあり、急いでお金が必要なときにファクタリングは有効です。

自社に信用がなくても売掛先の与信で資金調達できる

ファクタリング審査で重視されるのは自社ではなく売掛先です。

売掛債権の期日になって、ファクターへ支払いを行うのは自社ではなく売掛先だからです。

そのため審査では「売掛先が期日通りに支払いができるかどうか」という点が最も重視されます。

自社に信用がなく銀行から借入できない企業でも、信用力のある企業の売掛債権さえ持っていれば審査に通過して資金調達することができる可能性があります。

ファクタリングは借入ではないので債務は増えない

ファクタリングは借入ではありません。

売掛金という資産と現金という資産を交換しているだけです。

そのため、利用しても会社の借金は増えません。

借金を増やしたくない場合や、銀行などの外部の人間に借金をしていることを知られたくない場合には、ファクタリングであれば借金をすることなく資金調達可能になります。

売掛債権の貸し倒れリスクも売却できる

ファクタリング最大の特徴は、売掛債権の貸し倒れリスクを売却することができるという点です。

ファクタリングによって売掛債権をファクターに売却する際には、売掛債権の回収リスクも一緒に売却してしまいます。

そのため、もしも売掛先企業が破綻して売掛債権が回収不能になったとしても、その損失を負うのはファクタリング会社で、自社は損失を背負う必要はありません。

ここがファクタリングと融資の最も大きな違いになります。

ファクタリングの方式は2種類|2つの違いとメリット・デメリット


ファクタリングの方式には契約当事者が誰になるかによって2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

同じファクタリングでも、2社間か3社間かによってメリット・デメリットは真逆になります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と自社の2社だけで契約するファクタリングです。

売掛先は契約に関与しないので、売掛先に秘密でファクタリングをすることができ、売掛先は期日になると自社の口座へ代金を振り込みます。

自社はそのお金をファクターへ送金してファクターは回収を完了します。

2社間ファクタリングの特徴とメリット

2社間ファクタリングのメリットは以下の2点です。

  • 最短即日で資金調達できる
  • 売掛先に秘密でファクタリングできる

2社間ファクタリングは売掛先が契約に関与しないので、審査と契約手続が簡潔に終了します。

早いファクターの中には最短即日で資金化できる場合もあるので、銀行借入などよりも圧倒的に早い速度で資金化可能です。

また、売掛先が契約に関与しないので、売掛先に秘密でファクタリングすることができます。

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングのデメリットは「手数料が高い」という点です。

2社間ファクタリングは回収時に自社に資金が経由します。

このときに、資金をファクターへ送金せずに流用してしまうリスクがあります。

2社間ファクタリングでは、このリスクも手数料に織り込まれるので3社間ファクタリングよりも手数料は高くなります。

一般的には「10%〜20%」程度の手数料が2社間ファクタリングでは発生してしまいます。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは「自社」「売掛先」「ファクタリング会社」の3者で契約を締結するファクタリングです。

契約前にはファクタリングを行うことに対して売掛先の同意を得て、売掛債権期日には売掛先がファクターへ対して直接支払いを行います。

3社間ファクタリングの特徴とメリット

3社間ファクタリングのメリットは「手数料が低い」ということです。

自社に資金が経由しないので、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方がファクターにとってもリスクは低くなります。

そのため「3%〜10%」程度というのが3社間ファクタリングの手数料相場です。

3社間ファクタリングのデメリット

手数料の低い3社間ファクタリングですが以下の2つのデメリットがあります。

  • 資金化までに時間がかかる
  • 売掛先にファクタリングを知られてしまう

3社間ファクタリングでは売掛先の同意を得るのに時間がかかるため、平均的には申し込みから資金化まで1週間程度の時間がかかってしまいます。

また、売掛先の同意を得て契約しなければならないので、自社がファクタリングを利用することを売掛先に知られてしまいます。

「資金繰りが苦しい企業」などとネガティブに自社を評価されてしまう可能性があるので注意しましょう。

最短即日資金化|ファクタリングの申し込みから現金化までの流れ


ファクタリングを申し込みしてから現金化するまでの流れは以下の通りです。

  1. ファクターへ申し込み
  2. ファクターの審査
  3. ファクタリング契約を締結
  4. 買取代金の入金
  5. 売掛債権期日にファクタリング会社が資金を回収

ファクターへ申し込み

まずはファクターへ申し込みを行います。

今やほとんどの企業がネットから申し込みを行うことが可能です。

申込時には

  • 請求書
  • 決算書3期分

などの必要書類を事前に手元に用意しておきましょう。

ファクターの審査

申込後にファクターが審査を行います。

審査自体は売掛先と自社への審査を行うだけですので、それほど時間はかかりません。

早いところで1時間〜数時間程度で申込日当日中には審査回答があります。

ファクタリング契約を締結

審査通過後にはファクタリング会社と契約を行います。

多くのファクターで契約手続には面談が必要になりますが、OLTAなどのクラウド型のファクターでは契約手続を非対面で行うことができます。

急いでいるときには非対面で契約できるファクターへ申し込みをするようにしましょう。

買取代金の入金

契約後にファクタリング代金が入金になります。

2社間ファクタリングであれば最短即日、3社間ファクタリングであれば申し込みから入金までに1週間程度の時間がかかります。

売掛債権期日にファクタリング会社が資金を回収

売掛債権の期日にファクターが資金を回収します。

  • 2社間ファクタリング:自社がファクターへ送金する
  • 3社間ファクタリング:売掛先がファクターへ送金する

2社間か3社間かによって回収方法が異なるので注意しましょう。

ファクタリングの審査3つのポイント


ファクタリングでは審査が行われます。

「債務超過や赤字でも審査に通る」という言葉ばかり強調されるファクタリングですが、自社に対する審査も行われるので必ずしも優良企業の売掛債権さえ持っていれば審査に通過できるわけではありません。

具体的にファクタリングでは以下の3つのポイントが審査されます。

  • 売掛先の審査
  • 自社の審査
  • 売掛債権の期間

ファクタリング審査3つのポイントについて詳しく解説します。

売掛先の審査

ファクタリングでは売掛先の審査が最も重視されます。

売掛先が規模の大きな企業や優良企業の場合には貸し倒れの可能性が低いので、審査に通過しやすく手数料も低くなります。

一方、売掛先が中小企業の場合や赤字や債務超過の場合には貸し倒れの可能性が高いので、買取を断られてしまうか手数料が高くなってしまいます。

できる限り優良企業の売掛債権をファクタリングに申し込むことで、審査に通過できる可能性は高くなるでしょう。

自社の審査

2社間ファクタリングでは自社の信用も重要です。

今にも倒産しそうな会社の場合には、売掛債権代金を流用する可能性が高いので審査に落ちてしまうこともあります。

赤字や債務超過というだけで、資金繰りに大きな問題がないのであれば審査に通過できる可能性は高いですが、あまりにも資金繰りが悪く今にも資金ショート寸前という場合には、優良企業の売掛債権を持っていたとしても審査に落ちてしまうこともあります。

売掛債権の期間

売掛債権の期日が長いと審査で不利になります。

期日が長いということは、その期間の間に売掛先の業況が悪化するリスクも高いということです。

一方、期日が短い場合には売掛先の業況が悪化するリスクは低くなるので、審査に通過しやすく手数料も低くなります。

審査に通過する可能性を引き上げたいのであれば、期間の短い売掛債権をファクタリングした方がよいでしょう。

まとめ

ファクタリングには様々な形がありますが、中小企業が最も多く利用するのが買取ファクタリングです。

買取ファクタリングは銀行融資の審査に通らない人でも最短即日で資金化することができる資金繰りに有効な方法ですが、手数料が高いのがネックです。

本当に困った時だけ最小限に利用することが重要になります。

ファクタリングを利用するタイミングと金額をよく考え、企業の資金調達チャネルの1つとして理解しておきましょう。

給料前払いサイト
(ペイトレ)

PayTrade(ペイトレード)は
あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込できる
サービスサイトです。
ユーザー登録数
No.1
2,562
  • 1万円から現金化できる
  • メール・電話対応OK
  • 対面不要
  • 24時間365日受付中
  • 全国OK
  • すぐにお金をゲット
  • 融資ではありません
  • 信用情報等の問題なし
  • ブラックOK

カンタン
給料前払い

お申込みありがとうございます!
(※まだ完了ではありません)

勤務経験と月給があれば一次審査はOKです。
二次審査が完了次第すぐのご入金が可能ですので、引き続き情報のご入力をお願い致します。

※docomo.ne.jp、softbank.jp、ezweb.ne.jpなどの携帯メールアドレスでは、パソコンからのメールを受信拒否する初期設定をされている場合がございます。pay-trade.netからの受信許可の設定をお願いいたします。

ご入力ありがとうございます。
ご入金の準備を行いますので、給料明細と社会保険証を撮影して添付して下さい。

添付がある場合はスムーズなご入金が可能ですが、
お手元にない場合は一旦申込みを完了させてから送付頂いても問題ありません。

最後に、通帳の履歴を過去2ヶ月分撮影して添付して下さい。
(ネットバンクの場合はスクリーンショットで大丈夫です)
ネットバンクのリンク一覧はこちら

ご注意

お申込みありがとうございます。

ペイトレを利用した給料の前払い(給料ファクタリング)は、お電話・メールでの本人確認のご連絡が出来次第、受付完了となります。

申込後は、必ずお電話・メールで連絡を差し上げますので、連絡が取れる状態にしておいて下さい。

同意できる方のみ、以下の[同意する]にチェックを入れてから申込ボタンを押してください。

プライバシーポリシーはこちら

次へ

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

除外申請は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 申請の内容を教えてください。(必須)

2. 詳細(任意)

0 / 1000

ページ最上部へ