• 給料前払いサービス

給料売買・前払いプラットフォームPayTrade

あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込します。

メルペイの後払いを使って効率的に現金化する方法を紹介!

登録日:2020.4.1  |  最終更新日:2020.4.1

メルカリを利用している方の中には、

メルペイの後払い決済方法を使って、効率的に現金化する方法はないかと考える方もいます。現金が必要となった場合に、メルペイの後払い決済方法を利用して現金を手に入れることができるのでしょうか?

本記事では、メルペイの後払い決済方法を利用して、現金を手に入れる方法やそのメリットデメリットを紹介していきます

最短即日でお金をゲットしたい方はこちら!

メルカリの売上金で獲得したメルペイは現金化できる?

メルカリの売上金で獲得したメルペイは、現金化することができます。

メルカリのアプリ上で振込申請して、指定した口座に現金を振り込むことになります。 しかし、メルカリの売上金を現金化する場合にはいくつかの注意点があるので、ここではその注意点を紹介していきます。

メルペイを現金化するには口座登録が必要

メルカリの売上は自動的にメルペイ残高となります。

そして、メルカリの売上で獲得したメルペイを、現金化するためには口座登録が必要となります。 後はメルペイを指定した口座に振込申請すれば、メルペイを現金として手に入れることができます。

メルペイを現金化するときに210円の手数料がかかる

メルペイを現金化するときの注意点としては、210円の手数料がかかるということです。

以前は1万円以上の申請に対しては振込手数料はかかりませんでしたが、2019年の4月23日以降、1万円以上の申請でも振込手数料がかかるようになりました。 メルペイを現金化する時には、振込スケジュールにも注意が必要です。

銀行口座の登録と本人確認のどちらも完了していない場合は、振込申請してから銀行口座に現金が振り込まれるまでにかなりの日数を要します。 また、メルカリには振り込み申請の期限が設けられています。

商品を販売し売り上げが発生してから180日以内に振込申請しなければなりません。

180日以内に振込申請をしなかった場合は、銀行口座を登録している場合は、売上金がその口座に自動的に振り込まれます。 しかし、銀行口座を登録してなかった場合は、売上金はメルカリに没収されてしまうことになります。 そのため、銀行口座の登録と本人確認は早めに済ませておきましょう。

メルペイ後払いを使って現金化する流れ

メルペイは振込申請をすれば現金化することができますが、メルペイの後払い機能を使って現金化することは可能なのでしょうか? ここでは、メルペイの後払いを使って現金化する方法や、その流れを説明していきます。

メルペイスマート払い(後払い)の設定をする

メルペイの後払いを使って現金化するには、メルペイスマート払い(後払い)を設定しなければなりません。

メルペイスマート払いは2019年4月にスタートした新しいサービスです。 メルペイの利用分を後払いできるので、メルカリ内での利用だけでなく、加盟店のショッピングでも使うことができます。

メルペイの後払いはクレジットカードのようなもので、メルペイスマート払いを利用すれば、当月内のショッピング分を翌月1回で支払うことができます。そのため、現金を持っていたなくてもショッピングをすることができるのです。 このメルペイスマート払いの機能をうまく利用すれば、メルペイを使って現金を手に入れることができます。

換金率の高そうな商品をメルペイで購入する

メルペイスマート払いの設定をしたら、メルペイを利用して換金率の高い商品を購入しましょう。

商品を購入する際は、通常であればメルペイ残高が必要となります。しかしメルペイスマート払いを設定している場合は、残高がなくても商品を購入することができます。

ここでの注意点は、できるだけ換金率の高い商品を購入するということです。換金率の高い商品は以下のような商品があります。

  • ブランド品
  • ゲーム機・ゲームソフト
  • 一眼レフカメラ
  • 楽器類
  • 金券・ギフト券・商品券
  • 貴金属類
換金率を上げるためには、安く購入して高く売るということがポイントです。


どのような商品を購入し、どのタイミングで売れば高く売れるのか、ということを学ばなければなりません。

また、メルカリでの商品の購入を考えるのであれば、メルカリが取り扱ってる商品を知らなければなりません。 先日した換金率の高い商品の中で、「金券・ギフト券・商品券」がありましたがこれらの商品券はメルカリでは出品禁止となっています。そのため、メルカリで金券やギフト券、商品券を購入することができません。

メルペイを使って購入した商品を買い取り業者で現金化

メルペイを使って商品を購入したら、買い取り業者で現金化しなければなりません。

買取ショップの種類としては、実店舗での買取業者とサイトでの買取業者があります。

実店舗の買取業者で商品を買い取ってもらう場合のメリットとしては、対面での取引なので安心ができるということです。 しかし、換金率が低い事や、店舗まで出向かなければいけないといったデメリットもあります。

サイトの買い取り業者で商品を買い取ってもらう場合のメリットとしては、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも商品を買い取ってもらうことができことです。また、実店舗の買取業者よりも換金率が高い、といったことがあります。

しかし、サイトの買取業者の場合は、悪徳業者も存在している為気を付けなければなりません。その点に関しては、実店舗の方が安心して取引できます。 最近では、店舗のホームページに買取金額を表示している買い取り業者もあります。少しでも高く、購入した商品を現金化したい方は、買取業者のホームページを見て買取り金額を比較してみるのも良いでしょう。

メルペイで購入した商品を返品しても現金化できない

商品を購入して、その商品を返品し現金化する手法は、クレジットカードの現金化と場合によく使われます。

メルペイでも同じ方法で現金化することができるのでしょうか?

メルペイで購入した商品を返品すると、メルペイスマート払いの利用分がキャンセルされることになります。スマート払いの利用分がキャンセルされるだけで、現金が返ってくるということは一切ありません。 つまり、商品を購入して、その商品を返品し現金化するというクレジットカードの現金化方法は、メルペイスマート払いではすることができません。

メルペイの後払いを使って現金化するときの注意点

メルペイの後払いを使って現金化するときの注意点はいくつかあります。ここでは、その注意点を紹介していきます。

メルカリではAmazonギフト券などの金券は購入不可

現金化するには金券やギフト券、商品券などが、換金率も良くおすすめだといわれています。

しかし、先述した通り、メルペイを利用して金券やギフト券、商品券などの購入はできません。 メルペイ残高でもメルペイスマート払いでも、どちらでも利用不可能です。 メルカリの規約で金券、ギフト券、商品券の出品が禁止されています。ですので、メルペイでも金券やギフト券、商品券を購入することはできないのです。

モバイルsuicaからメルペイへのチャージはできない

以前は、モバイルsuicaからメルペイへのチャージを利用して、現金化することができました。

しかし、現在はその機能は使えなくなっています。 逆に、メルペイ残高をモバイルsuicaへチャージすることはできます。 手順は簡単で、モバイルsuica側のチャージ画面を開いて、メルペイ電子マネーを選べばOKです。しかし、この機能が利用できるのはiPhoneのみです。 Android携帯では、メルペイ残高をモバイルsuicaへチャージすることはできません。

メルペイ後払いで現金化するメリットとデメリット

メルペイの後払い、すなわちスマート払いを使えば、現金を手に入れることができます。

この方法で現金化するメリットやデメリットはどういった? ここでは、メルペイ後払いで現金化するメリットとデメリットをそれぞれ見ていきます。

メルペイ後払いは金利がかからない

メルペイ後払いの支払い期限は翌月末となっています。延滞しない限り金利はかかりません。

クレジットカードなどは金利がかかる点を考えると、メルペイ後払いのほうが非常にお得です。 金利がかからないという点においては、メルペイ後払いで現金化する方法をおすすめします。

メルペイの後払いは自分の都合で支払うことができる

メルペイ後払いは、クレジットカードではありませんので心理的に負担が軽いです。

コンビニ払いとメルペイ残高払いの場合は、翌日末までという支払い期限が設けられています。 しかし、クレジットカードと違い支払日は指定されていません。 自分の都合のいいタイミングで支払いができるので、クレジットカードと比べてもとても便利です。

換金率が悪くメルペイの後払いは支払い方法が1回のみ

メルペイの後払いを使って現金化するうえでの、最大のデメリットは換金率が悪いということです。

金券やギフト券、商品券などが購入できないため、換金率が良い商品を購入する手段がありません。 またメルペイは、金券類が購入できる、ほかの電子マネーへのチャージもすることができません。

換金率が悪いということは、金銭面的に損をするので、その点においてはやはりデメリットといえます。 また、支払方法が翌月末までの一回払い、という点もデメリットと考えられます。しかし、2020年初旬に分割払いができるようになるとの発表がありました。 分割払いができるようになれば、換金率が悪くても現金化に利用する価値は上がるかもしれません。

メルペイを使って商品を購入することで現金化することは可能

メルペイを使って現金を手にすることは可能です。

その方法としては、メルペイ残高やメルペイ後払い機能を使い商品を購入し、購入した商品を買取業者に買い取ってもらい現金を手に入れるという方法です。 しかし、金券やギフト券、商品券などはメルペイで購入することができません。

そのため換金率が悪いということがデメリットとなります。 しかし、メルペイ後払いは金利がつかず、翌月末までの一回の支払いでよいため、非常に使い勝手は良いです。 もし現金が必要な方は、メルペイを使って現金を手に入れる方法もある、ということを覚えておいて損はないでしょう。

給料前払いサイト
(ペイトレ)

PayTrade(ペイトレード)は
あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込できる
サービスサイトです。
ユーザー登録数
No.1
2,562
  • 1万円から現金化できる
  • メール・電話対応OK
  • 対面不要
  • 24時間365日受付中
  • 全国OK
  • すぐにお金をゲット
  • 融資ではありません
  • 信用情報等の問題なし
  • ブラックOK

カンタン
給料前払い

お申込みありがとうございます!
(※まだ完了ではありません)

勤務経験と月給があれば一次審査はOKです。
二次審査が完了次第すぐのご入金が可能ですので、引き続き情報のご入力をお願い致します。

※docomo.ne.jp、softbank.jp、ezweb.ne.jpなどの携帯メールアドレスでは、パソコンからのメールを受信拒否する初期設定をされている場合がございます。pay-trade.netからの受信許可の設定をお願いいたします。

ご入力ありがとうございます。
ご入金の準備を行いますので、給料明細と社会保険証を撮影して添付して下さい。

添付がある場合はスムーズなご入金が可能ですが、
お手元にない場合は一旦申込みを完了させてから送付頂いても問題ありません。

最後に、通帳の履歴を過去2ヶ月分撮影して添付して下さい。
(ネットバンクの場合はスクリーンショットで大丈夫です)
ネットバンクのリンク一覧はこちら

ご注意

お申込みありがとうございます。

ペイトレを利用した給料の前払い(給料ファクタリング)は、お電話・メールでの本人確認のご連絡が出来次第、受付完了となります。

申込後は、必ずお電話・メールで連絡を差し上げますので、連絡が取れる状態にしておいて下さい。

同意できる方のみ、以下の[同意する]にチェックを入れてから申込ボタンを押してください。

プライバシーポリシーはこちら

次へ

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

除外申請は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 申請の内容を教えてください。(必須)

2. 詳細(任意)

0 / 1000

ページ最上部へ