• 給料前払いサービス

給料売買・前払いプラットフォームPayTrade

あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込します。

小切手の現金化とは?方法や手数料、必要期間を調査しました

登録日:2020.4.1  |  最終更新日:2020.4.1

小切手を現金化するということを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

小切手は日本では日常的に使われることが少ないです。

しかし、海外では日常生活の中で小切手が使われる国も多く、アメリカは小切手を日常的に使用します。

ここでは、小切手とはなんなのか?小切手を使うことでどのように現金を手に入れることができるのかについて小切手を使ったことがない人でもわかるように紹介。

最短即日でお金をゲットしたい方はこちら!

3種類の小切手とそれぞれの特徴を解説

小切手は全部で3種類。しかし、小切手が3種類あること自体知らない人も多いと思います。

そこで、ここでは日本で使うことができる3種類の小切手について紹介していきます。 日本で現在使われている小切手は主に以下のものです。

  • 持参人払式小切手
  • 線引小切手
  • 先日付小切手

持参人払式小切手

持参人払式小切手はみなさんが一番イメージしやすい小切手になります。

持参人払式小切手は銀行に持参するだけで現金にすることができるもので一番簡単に小切手を現金化できるものです。

ここでは、持参人払式小切手について持参人払式小切手を使ったことがない人でもわかるように簡単に紹介していきます。

持参人払式小切手の特徴

持参人払式小切手の最大の特徴は受け取り人の名前を書けば現金を受け取ることが可能であるということです。

しかし、持参人払式小切手の場合は持参人払式小切手に記載されている銀行、支店でしか持参人払式小切手を現金化することができません。

そのため、現金化することができる場所については指定がありますがそれ以外の部分に関しては比較的取り決めが緩いことが特徴。 持参人払式小切手は10万円以下の場合は受け取り人を保証する書類の持参が必要がありません。

ただし、10万円を超える金額を現金化する時には受け取り人の身分証明書と印鑑を持参する必要です。

線引小切手

線引小切手とは持参人払式小切手のセキュリティーをあげた小切手のことを指します。

持参人払式小切手の場合は10万円以下だと身分確認もなく小切手を換金することが可能。

そのため、道で持参人払式小切手を拾った人でも換金を行うことが可能です。

しかし、線引小切手の場合は現金を直接渡すのではなく銀行口座に振り込む形で支払われます。 そのため、線引小切手は持参人払式小切手よりもセキュリティーが強化されているものです。

線引小切手の特徴

線引小切手は持参人払式小切手の上部に二本線を引いたものになります。

線引小切手は持参人払式小切手とは異なり銀行に持参しただけではお金を受け取ることができません。

線引小切手の場合は直接銀行で現金を渡すのではなく、銀行口座に振り込みを行う形式で小切手の現金化が行われます。

線引小切手には2種類の線引小切手があります。以下では2種類の線引小切手について紹介します。

一般線引小切手

一般線引小切手は持ちこんだ銀行に預金口座がある人のみが利用することができるものです。

一般線引小切手は口座間でやりとりが行われます。

そのため、小切手の発行者がどこに対して振り込みを行ったのかを確認することが可能。 小切手を紛失した場合でもどこに対して振り出しが行われているのか確認することで小切手の拾得者のについて探し当てることができます。

特定線引小切手

特定線引小切手は一般線引小切手は異なり特定した銀行に対して口座がある人しか使うことができません。

そのため、指定されている銀行に口座を持っていない人は換金することができないです。 この仕組みによっては特定線引小切手は一般線引小切手よりもセキュリティーが格段に上がっています。

先日付小切手

先日付小切手は未来の日付を指定して発行した小切手。 通常は小切手の発行日と振り出し日は一緒のことが多いです。

しかし、取引の都合上振り出し日を未来に設定した小切手を発行することがあります。これが先日付小切手です。

先日付小切手の特徴

先日付小切手の特徴は現在ではなく未来を指定して小切手を発行することができることです。

先日付小切手にすることで納品まで時間のある取引の場合などにも納品されてからお金を渡すことができるようになります。

先日付小切手は個人間のやりとりではなく会社間のやりとりで使われることが多いです。

小切手を現金化する方法

小切手を現金化する方法を知らない人も多いと思います。

ここでは、実際に小切手を現金化した経験を元に小切手を現金化する方法について紹介していきます。

小切手の種類を確認する

小切手を現金化する時には必ず小切手の種類について確認しましょう。

小切手の種類は持参人払式小切手、線引小切手、先日付小切手の3種類があります。

小切手の場合は種類によって振り出しを行うことができる銀行が決まっています。

線引小切手の場合は振り出しを行うことができる銀行が事前に小切手の発行者によって決定されるため、小切手の種類を事前に確認時ておく必要があります。 また、小切手の中には身分証明書と印鑑が必要なものもあります。事前に小切手の種類を確認してから振り出しに行くようにしましょう。

小切手を銀行に持っていく

小切手は基本的に小切手に記載されている銀行の支店に持ってくことで銀行員さんが対応してくれます。

そのため、こちらが銀行に行って何かしらを行う必要はありません。

換金する

小切手は銀行に持ってくことで銀行員さんが対応してくれて換金することが可能です。

小切手の換金の方法にが2種類あり、直接現金を手にすることができるタイプのものと銀行の口座に対して振り込みが行われるものの2種類があります。 線引小切手では基本的に銀行口座に対して振り込みが行われる形で現金の受け渡しが行われます。

小切手を現金化する時の期間

小切手を換金するためには時間がかかることがあります。

ここでは、小切手を現金に換金するためにかかる期間について今まで小切手を使ったことがない人でもわかるように紹介。

持参人払式小切手の現金化期間

持参人払式小切手は銀行に持っていくことですぐに現金化することが可能。

持参人払式小切手の特徴は指定された銀行の支店に持ってくことですぐに換金をすることができることです。

しかし、持参人払式小切手の場合は10万円以上の場合は身分確認書と印鑑を持参する必要があるので忘れると換金することができません。 また、持参人払式小切手は受け取り人の蘭に受取人の名前がないと受け取ることができないことも覚えておきましょう。

線引小切手の現金化期間

線引小切手の換金期間は3営業日になっているところが多いです。

線引小切手は直接小切手の金額に相当する金額を受け取ることができるわけではなく銀行口座にお金が振り込まれることになります。 そのため、持参人払式小切手よりは現金を受け取るためにかかる期間は長くなっています。

先日付小切手の現金化期間

先日付小切手は未来の日時を指定して現金化することになります。

そのため、指定の日がくるまでは原則、現金化を行うことができません

指定の日より前に現金化をしてしまうと小切手を発行した人からの信用を失ってしまう可能性もあります。 また、先日付小切手は指定の日付に銀行に持っていてってもすぐに現金にすることはできず3営業日程度で現金に変えることができます。

そのため、先日付小切手は実際に現金化するまでに時間がかかります。

小切手を現金化する時の6つの注意点

小切手を現金化する時には注意をしなくてはいけないことがあります。

特に、小切手は現金の受け渡しを簡単に行うことができるようにした仕組みになります。

そのため、小切手を現金化する時には注意しなくてはいけないことが非常に多いです。 ここでは、実際に私が小切手を現金化する時に注意したことを6つ紹介していきます。

現金化までに時間がかかることがある

小切手と聞くと銀行に持っていくことですぐに現金化することができると考えている人も多いと思います。

しかし、小切手はすぐに現金にできるものと口座振り込みになりすぐに現金化することができないものがあります。 現在流通している小切手から見るとすぐに現金化をすることができない種類の小切手が多いです。

現金化に手数料がかかる

小切手を現金にする時には手数料がかかります。

銀行にもよりますが手数料は500円程度になっていることが多いです。

また、小切手は発行する時にも手数料がかかります。 そのため、無料では小切手を現金化することができないということを覚えておきましょう。特に、小切手を現金化する時に手数料の存在を知らないという人は多いです。

小切手をなくすと現金化できない

小切手はなくすと現金化することができません。

しかし、小切手は紙なので無くしてしまうことが多いのも事実。

小切手は無くしてしまうと一切現金化することができなくなります。 また、小切手を無くして他の人に拾われてしまうと拾った人が現金化してしまう可能性もあります。小切手は現金と同じ扱いなので気をつけて処理するようにしましょう。

現金化の際に本人確認が必要

小切手は現金化する時に本人確認が必要な時があります。

小切手は10万円以上の現金に交換する時には身分を証明することができるものと個人の印鑑が必要になります。 そのため、小切手の金額が大きい時が本人確認が必要なことを覚えておきましょう。

銀行口座が必要

小切手にはすぐに現金化できるものと銀行口座にお金を振り込む方式のものの2種類

お金を振り出す銀行口座に関しては小切手を現金化する銀行に銀行口座を持っていることが条件になります。 そのため、相手からもらった小切手の銀行に口座がない時には口座を作成する必要があります。

現金化できる期限が決まっている

小切手には有効期限があります。小切手は通常振出日から10日間です。

しかし、この期限をすぎたからと言って小切手が完全に使うことができなくなるというわけではありません。

小切手は振出日から10日間というルールはありますが小切手が完全に紙切れになってしまうのは小切手の振出日から半年になります。 そのため、振出日から半年が過ぎると完全に振り出しをすることができなくなります。

小切手の現金化を完全にマスターしよう

小切手は日本では日常的に使う人が少ないです。そのため、使い方を知らない人が多いのは当然。

しかし、ビジネスなどでは小切手を使うことも多いので今回の記事を参考にして小切手の使い方について学ぶようにしましょう。


給料前払いサイト
(ペイトレ)

PayTrade(ペイトレード)は
あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込できる
サービスサイトです。
ユーザー登録数
No.1
2,562
  • 1万円から現金化できる
  • メール・電話対応OK
  • 対面不要
  • 24時間365日受付中
  • 全国OK
  • すぐにお金をゲット
  • 融資ではありません
  • 信用情報等の問題なし
  • ブラックOK

カンタン
給料前払い

お申込みありがとうございます!
(※まだ完了ではありません)

勤務経験と月給があれば一次審査はOKです。
二次審査が完了次第すぐのご入金が可能ですので、引き続き情報のご入力をお願い致します。

※docomo.ne.jp、softbank.jp、ezweb.ne.jpなどの携帯メールアドレスでは、パソコンからのメールを受信拒否する初期設定をされている場合がございます。pay-trade.netからの受信許可の設定をお願いいたします。

ご入力ありがとうございます。
ご入金の準備を行いますので、給料明細と社会保険証を撮影して添付して下さい。

添付がある場合はスムーズなご入金が可能ですが、
お手元にない場合は一旦申込みを完了させてから送付頂いても問題ありません。

最後に、通帳の履歴を過去2ヶ月分撮影して添付して下さい。
(ネットバンクの場合はスクリーンショットで大丈夫です)
ネットバンクのリンク一覧はこちら

ご注意

お申込みありがとうございます。

ペイトレを利用した給料の前払い(給料ファクタリング)は、お電話・メールでの本人確認のご連絡が出来次第、受付完了となります。

申込後は、必ずお電話・メールで連絡を差し上げますので、連絡が取れる状態にしておいて下さい。

同意できる方のみ、以下の[同意する]にチェックを入れてから申込ボタンを押してください。

プライバシーポリシーはこちら

次へ

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

除外申請は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 申請の内容を教えてください。(必須)

2. 詳細(任意)

0 / 1000

ページ最上部へ