• 給料前払いサービス

給料売買・前払いプラットフォームPayTrade

あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込します。

自分でできるクレジットカード現金化方法|換金率は高いが利用停止には要注意

登録日:2020.3.6  |  最終更新日:2020.4.1


すぐにお金が必要。でもブラックだからお金を借りることができない」という人がお金を手にできる方法がクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化は「クレジットカードのショッピング枠」に空きさえあれば誰でも確実に現金を手に入れることができる方法ですが、カード会社からバレた場合のリスクなどデメリットも少なくありません。

お金がないからと言って安易にクレジットカード現金化を利用するのではなく、メリットとデメリットをよく理解しておくことが大切です。

自分でできるクレジットカード現金化方法のメリットとデメリットを他の資金調達方法と併せて解説していきます。

最短即日でお金をゲットしたい方はこちら!


クレジットカードを現金化する方法とは?

クレジットカード現金化とは、簡単に言えばクレジットカードで買ったものを売却して、現金を得るという方法

クレジットカードは利用してからすぐには支払期日にならないので、売却した商品の分だけは手元にお金が入ることになります。

例えば、25日締め、翌月末払いのクレジットカードで、1/26日に10万円の商品券を購入し、9万円で売却した場合、締め日は2/25日で支払いは3月末です。

このケースでは3月末までの約2ヶ月間、手元の現金が9万円多いことになります。

つまりクレジットカード現金化は、短期間の間資金を確保することができるのです。

クレジットカード現金化には大きく分けて2つの方法があります。

  • クレジットカード現金化業者を使う方法
  • 自分で現金化する方法

それぞれの現金化方法について詳しく解説していきます。

クレジットカード現金化は業者を使えば簡単にできる

クレジットカード現金化は業者を使えば簡単です。

業者を使う方法では現金化業者が指定する商品をクレジットカードで購入して、即業者へ売却するだけでキャッシュを手に入れることが可能。

以前は店舗型の業者がほとんどでしたが、今はネットショップから購入させる業者が増えているため、自宅にいながら現金化が可能です。

ただし、業者の取り分が発生するので、買取率は自分で現金化するよりも低くなる傾向があります。

クレジットカード現金化は自分でもできる

クレジットカード現金化は自分でも比較的簡単にできる現金化の方法です。

クレカで換金性の高そうなものを購入して、転売するだけですので、クレジットカードさえあれば誰でも簡単にできます。

自分で現金化する方法については後ほど詳しく解説します。

クレジットカード現金化のおすすめ業者

クレジットカード現金化のおすすめ業者は以下の3社です。


業者名最高換金率最短換金速度
24キャッシュ98.8%10分
換金クレジット98%5分
インパクト98.6%5分


これらの業者は

  • 買取率が高い
  • 換金速度が早い

などの特徴を持っており、急いでお金が必要な時にも比較的高い買取率で買い取ってもらうことができます。

クレカを自分で換金する手順

クレジットカードの現金化は以下の手順で自分で行うことも可能です。
  1. クレジットカードで換金性が高い商品を購入する
  2. 買った商品を換金率の高い店へは売却する

たったこれだけの手順でクレジットカードの現金化は可能です。

現金化に向いている買取率の高い商品とともに、現金化の具体的な手順を解説していきます。

クレカで換金率が高い商品を購入する

まずは、クレジットカードで換金率が高い商品を購入します。

購入する場所は店舗でもネットでも構いませんが、すぐにお金が必要な場合には金券ショップなどの店舗の方がよいでしょう。

ネットで購入すると購入してから商品が届くまでに時間がかかってしまい、すぐに現金化することができないからです。

例えばゲーム機などをネットで購入する場合には、購入してからゲーム機が自宅に届くまで1週間以上の時間がかかってしまうこともあります。

ネットで購入すると、その間は現金化できないので注意しましょう。 いずれにせよ、高く売れそうな商品をまずはクレジットカードで購入します。

Amazonギフト券だけじゃない?クレジットカードで買える現金化におすすめの商品

現金化するためには、買取率の高い商品を選ぶことが大切です。

買取率が高い商品として有名なのがAmazonギフト券です。 Amazonギフト券の買取率は90%前後となっており、10万円購入すると9万円前後は現金に変えることができます。

買取率が高いのはAmazonギフト券だけではありません。 以下のような商品も買取率が高いことで知られています。

  • 新幹線の回数券
  • ブランド品
  • ゲーム機
  • 各種商品券

買取率は売却する店舗や時期によって変動があるので、自分が現金を必要とするタイミングで最も高く買い取ってくれる商品を選択した方がより多くの金額を現金化することができます。

クレジットカードを使って買った商品を売却して現金にする

クレジットカードを使って買った商品を売却することで現金を手に入れることができます。

現金化する場所はどこでも構いません。 ギフト券なら金券ショップ、ゲーム機なら中古ゲームショップやリサイクルショップ、時間があるのであればヤフオクやメルカリなどで売却してしまってもよいでしょう。

クレジットカード現金化の方法は、クレジットカードで買った商品を売却するだけですので、自分でも簡単に行うことができます。

クレジットカード現金化を自分で行うメリット・デメリット

クレジットカード現金化は自分で行った方が業者を通すよりもメリットがあります。

しかし、カード会社にバレた時のリスクや商品知識がないことによる損失などのデメリットも少なくありません。

クレジットカード現金化のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

クレジットカード現金化の2つのメリット

自分でクレカ現金化をする場合のメリットは以下の2点です。
  • 業者を使うよりも換金率が高い
  • 悪徳業者と取引する必要がない

業者を使うよりも換金率が高い

自分でクレジットカード現金化する方が業者を使うよりも換金率が高いというのが最大のメリットです。

業者を使うと業者の利益分が必要になるので、どうしても買取率は低くなってしまいます。

例えばAmazonギフト券を自分で売却すれば換金率90%前後ですが、現金化業者を使うと80%程度、もしくは80%を切るようなことも珍しくありません。

現金化業者を使うよりも自分で現金化した方が、多くの現金を手に入れることができます。

悪徳業者と取引する必要がない

自分で現金化することで悪徳業者と取引する必要がないというのもメリットです。

クレジットカード現金化業者の中には闇金が偽装しているケースも少なくありません。 このような業者と取引をすると以下のような被害に遭う可能性があります。

  • 買取率が異常に低い
  • 闇金から融資を勧められる

自分で現金化すれば、このような悪徳業者と取引をする必要がないので安心です。

自分でクレジットカード現金化をするデメリットと注意点

自分でクレジットカード現金化をすることには換金率が高いなどのメリットがあることは間違いありません。

しかし、デメリットも多数あるのは事実で、以下の4点には注意が必要になります。

  • カード会社にバレると利用停止
  • 手続きが面倒
  • 換金率で大損をすることも
  • 商品知識が必要になる

クレジットカード現金化のデメリットと注意点についても詳しく理解しておきましょう。

カード会社にバレると利用停止に

クレジットカード現金化したことがカード会社にバレた場合には、クレジットカードが利用停止になってしまう可能性があります。

クレジットカードの利用規約には以下のような記載があるためです。

会員は、現金を取得することを目的として商品・権利の購入または役務の提供などにカードのショッピング枠、ショッピング残高枠(第19条第2項に定めるものをいう。)を利用すること(以下「ショッピング枠現金化」という。)はできません。JCBカード会員規約第22条

クレジットカードの現金化はクレジットカードの規約違反に当たりますので、運営会社にバレると利用停止になり、最悪のケースではカードが強制解約になることもあります。

カードが強制解約になると個人信用情報はブラックになるので、他のクレジットカードを作ることもお金を借りることも不可能になります。

手続きが面倒

自分でクレジットカード現金化することは手続きが面倒です。
  1. 商品選定
  2. 購入
  3. 換金率の高い店を探す
  4. 売却

1回現金化するだけでも、これだけのプロセスが必要になるので、即日資金化しようと思ったらかなり手続きは大変になります。

すぐにお金が必要なタイミングで、面倒な手続きをしなければならないのはデメリットです。

換金率で大損をすることも

換金率が思ったよりも低くて大損することにも注意が必要です。

換金率は日々変動しているので、想定していたよりも換金率が大きく下がっていることも珍しくありません。

例えばネットで換金率80%と調べて購入した金券を10万円購入したのに、金券ショップに行ったら70%へ下がったとしたら、これだけで1万円も損をすることになります。

自分で現金化する場合には商人購入店舗と換金店舗が異なります。 そのため、想定よりも換金率が低くなるリスクに注意が必要です。

商品知識が必要になる

自分でクレジットカード現金化する場合には商品知識も必要です。

「どの商品の換金率が高いのか」 ということを事前に把握していないと、買った商品が全く売れないという可能性をもあるためです。

商品知識がない人がクレジットカード現金化で即日資金調達することはリスクがあります。

クレジットカードを使わずに現金化する4つの方法

クレジットカード現金化は犯罪ではありませんが規約違反ですので、最悪の場合カード利用停止となり、一括請求される可能性もあります。

どうしてもお金がない場合には、以下の4つの方法でブラックでも現金を手に入れることができる可能性があります。

  • 後払いカードを利用する
  • 後払い決済で購入する
  • 携帯キャリア決済で購入する
  • 給料ファクタリングを利用する

これらの方法であれば、例え信用情報ブラックでクレジットカードを持つことができない人でも現金化することが可能です。

クレカなしで現金化できる4つの方法について詳しく解説します。

後払いカードを利用する


バンドルカードなどの後払いカードを利用すればクレジットカードを持っていない人や持つことができない人でも現金化可能です。

バンドルカードはブラックの人でも持つことができ、利用代金は後払いになります。

バンドルカードで換金率の高い商品を購入して売却すれば、現在クレジットカードが手元にない人でも現金化可能です。

後払い決済で購入する

ネットなどでNP後払いなどの後払い決済に対応している決済方法で商品を購入し、その商品を売却することでも現金化可能です。

NP後払いとはネットショップやカタログなどで利用することができる後払い決済サービスです。

商品到着後に郵送される請求書で、コンビニ・銀行・郵便局・LINE Payのいずれかの方法で支払います。

NP後払いを利用すればクレジットカードがなくても現金化することができます。 ただし、換金率の高い商品が必ずしも後払いに対応しているわけではないので注意しましょう。

携帯キャリアで決済する

携帯キャリア決済で商品を購入し、その商品を売却すれば現金化可能です。

携帯キャリア決済とは、ネットなどで購入した商品を携帯代金と一緒に支払う方法で、キャリアごとの限度額は以下のようになっています。


キャリア決済限度額
ドコモ払い50,000円
auカンタン決済50,000円
ソフトバンクまとめて支払い100,000円


キャリア決済を使えばクレジットカードがなくても現金化することができますが、キャリアによっては限度額が少ないので、資金調達できる金額が少ない点に注意が必要です。

給料ファクタリングを利用する

給料さえ受け取っていれば誰でも資金調達できる方法として給料ファクタリングという手段があります。

給料ファクタリングは、給料日前の給料(給料債権)をファクタリング会社へ売却して資金調達することです。

給料ファクタリングは最短即日で資金調達することができるので、わざわざ買った商品を売却する手間をかける必要はありません。

給料ファクタリングには10%〜20%程度の手数料が必要になります。

しかし、クレジットカード現金化の買取率が高くても80%〜90%であることを思えば給料ファクタリングの方がより簡単に資金調達することができます。

  • クレジットカード現金化をしている時間がない
  • クレジットカードを持っていない

このような人は給料ファクタリングで資金化する方法もあるということを頭へ入れておきましょう。


クレジットカード現金化を3つのポイントでおさらい

現金化方法として有名なクレジットカード現金化ですが、クレジットカード現金化を自分で行うことには以下のようなポイントがあります。

  • 業者を使うよりも換金率が高い
  • カード会社にバレたら利用停止になる
  • 知識がないと大損することも

クレジットカード現金化はクレジットカードさえあれば誰でも資金調達することができる方法です。

しかしリスクも大きいので、給料ファクタリングなどの他の資金調達方法と合わせて利用を検討しましょう。


給料前払いサイト
(ペイトレ)

PayTrade(ペイトレード)は
あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込できる
サービスサイトです。
ユーザー登録数
No.1
1,952
  • 1万円から現金化できる
  • メール・電話対応OK
  • 対面不要
  • 24時間365日受付中
  • 全国OK
  • すぐにお金をゲット
  • 融資ではありません
  • 信用情報等の問題なし
  • ブラックOK

カンタン
給料前払い

お申込みありがとうございます!
(※まだ完了ではありません)

勤務経験と月給があれば一次審査はOKです。
二次審査が完了次第すぐのご入金が可能ですので、引き続き情報のご入力をお願い致します。

※docomo.ne.jp、softbank.jp、ezweb.ne.jpなどの携帯メールアドレスでは、パソコンからのメールを受信拒否する初期設定をされている場合がございます。pay-trade.netからの受信許可の設定をお願いいたします。

ご入力ありがとうございます。
ご入金の準備を行いますので、給料明細と社会保険証を撮影して添付して下さい。

添付がある場合はスムーズなご入金が可能ですが、
お手元にない場合は一旦申込みを完了させてから送付頂いても問題ありません。

最後に、通帳の履歴を過去2ヶ月分撮影して添付して下さい。
(ネットバンクの場合はスクリーンショットで大丈夫です)
ネットバンクのリンク一覧はこちら

ご注意

お申込みありがとうございます。

ペイトレを利用した給料の前払い(給料ファクタリング)は、お電話・メールでの本人確認のご連絡が出来次第、受付完了となります。

申込後は、必ずお電話・メールで連絡を差し上げますので、連絡が取れる状態にしておいて下さい。

同意できる方のみ、以下の[同意する]にチェックを入れてから申込ボタンを押してください。

プライバシーポリシーはこちら

次へ

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

除外申請は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 申請の内容を教えてください。(必須)

2. 詳細(任意)

0 / 1000

ページ最上部へ