• 給料前払いサービス

給料売買・前払いプラットフォームPayTrade

あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込します。

お金を借りる3つの方法|カードローン審査に落ちた人がお金を借りるには?

登録日:2020.3.6  |  最終更新日:2020.4.1


お金を借りる方法はいくつかあります。 しかし、ローンには審査があるので、信用情報が弱い方は審査に通過することができないケースも多いです。ブラックで借りられないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

  • 消費者金融
  • 銀行
  • その他の方法

お金を借りる方法も上記3つのケースに分けて、審査難易度融資までのスピードという観点で比較していきます。

自分の信用状況や資金が必要なタイミングなどに合わせて適切な方法でお金を借りることができるようになりましょう。

最短即日でお金をゲットしたい方はこちら!

即日でお金を借りるなら消費者金融

即日でお金を借りるなら、大手消費者金融が確実です。

審査に時間がかからずに、審査のポイントを押さえておけば、比較的簡単に審査に通過できます。

また短期間の利用であれば利息はかかりません。 消費者金融で即日資金調達する方法を詳しく解説していきます。

大手消費者金融なら最短30分審査・1時間融資

アコム、プロミス、アイフルなどの大手消費者は最短30分で審査が完了し、お金を借りるまでには申込から最短1時間程度しか時間はかかりません。

即日でキャッシングをするのであれば、大手消費者金融一択と言っても過言ではありません。

大手消費者金融を金利や最低返済額で比較してみました。


消費者金融融資限度額金利最低返済額無利息期間
アコム800万円3.0%~18.0%3,000円30日
プロミス500万円4.5%~17.8%4,000円30日
アイフル800万円3.0%~18.0%4,000円30日
SMBCモビット800万円3.0%~18.0%4,000円なし
レイクALSA800万円3.0%~18.0%4,000円30日(※1)

※1:スマートフォンからの申し込みで60日 or 180日(5万円まで)

大手消費者金融5社は全て即日融資可能で、土日でも審査を行なっています。

即日融資を希望するのであれば、大手消費者金融に申し込むのが無難です。

大手消費者金融から簡単に借りるための3つの条件

大手消費者金融は審査なしで借りることはできません。 審査に通過するためには以下の3つの条件をすべて満たす必要があります。

  • ブラックでないこと
  • 総量規制の範囲内
  • 申込条件を満たしている

審査に通過するための3つの条件について、詳しく見ていきましょう。

ブラックでないこと

個人信用情報がブラックの人は絶対に大手消費者金融の審査には通りません。

信用情報ブラックとは、個人信用情報に以下のような記録がある人です。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 長期延滞

これらの情報はお金を長期間返済しなかったり、法的な手段で借金の返済を放棄した場合に記録されます。

金融事故情報は、事故を起こした債務を完済してから5年から10年記録されるので、該当する期間内に事故を起こした人は、まず大手消費者金融のカードローン審査には通過することはできません。

なお、個人信用情報の情報は本人で確認することも可能です。 心配な人は信用情報の開示請求を行なっておきましょう。

総量規制の範囲内

消費者金融のカードローンは総量規制の対象になります。

総量規制とは、消費者金融やカード会社などのノンバンクからの借入額の合計を年収の3分の1を超えることができないという決まりです。

すでに他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングで年収の3分の1を超える借入をしている人は、例えどんなに個人信用情報が綺麗でも審査に通過することはできません。

申し込み条件を満たしている

カードローンの申込条件を満たしていない人も借入は不可能です。

カードローンの申込条件は会社によって若干の違いはあるものの、主な条件は以下の通りです。

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定継続した収入がある
  • 日本国内に居住し、外国人は永住権を持っている

これら3つの条件のうちどれか1つでも当てはまらない人は残念ながら審査に通過することはできません。

しかし大手消費者金融は上記全てのポイントをクリアしている人であれば審査に通過することはそれほど難しくありません。

すぐに返済すれば利息負担はゼロ

大手消費者金融は短い期間だけ借りるには最適です。

アコム、プロミス、アイフル、レイクALSAには無利息期間がついています。

無利息期間内に返済してしまえば、利息は一切かからないので「次の給料までお金がない」という時には、利息負担を一切せずにお金を借りるなとができてしまいます。

また、借りた当日にお金を返せば利息はかかりませんので、無利息期間がなくなった後もこの方法も活用するとよいでしょう。

金利の低い銀行カードローンでお金を借りる方法

銀行カードローンも自由な使い道で資金調達できる方法です。

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低いですが、資金調達までの時間がかかり、審査が厳しいのが特徴です。

銀行カードローンの特徴や審査基準について、詳しく解説していきます。

銀行カードローンは金利が低い!

銀行カードローンの特徴は金利の低さです。

ほとんどの消費者金融カードローンが18%の金利が適用させるのに対して、銀行カードローンの金利は14%程度です。

限度額が大きくなればさらに低い金利が適用されることが一般的ですので、低い金利でお金を借りたい人には銀行カードローンはメリットがあります

主な銀行カードローンの金利は最低返済額の比較は以下の通り。

消費者金融融資限度額金利最低返済額無利息期間
みずほ銀行800万円2.0%~14.0%2,000円なし
三菱UFJ銀行500万円1.8%~14.6%2,000円なし
三井住友銀行800万円4.0%~14.5%2,000円なし
楽天銀行800万円1.9%~14.5%2,000円なし


銀行カードローンは即日でお金を借りることは不可能

金利が低い銀行カードローンですが、即日でお金を借りることは不可能です。

  • 保証会社の審査と銀行の審査があるから
  • 警察庁の反社会的勢力データベースへの確認に時間がかかるから
  • 多くの銀行でカードは郵送だから

銀行カードローンは保証会社と銀行の審査があるので、審査には時間がかかる仕組みになっています。

さらに、2017年から警察庁の反社会的勢力データベースへ照会し、反社チェックを得なければ融資できなくなりました。

この確認には1営業以上必要になります。 また、地方銀行やネット銀行カードローンは、あらかじめキャッシュカードを持っていなければ、郵送でカードを受け取らなければなりません。

この時間も数日から1週間かかります。 即日融資ができない銀行カードローンは「今日お金が必要」という時には活用できません。

早くても2日程度の時間がかかる

メガバンクは銀行カードローンの中では早くお金を借りることができます。

それでも2営業日程度はかかってしまうと考えた方がよいでしょう。

メガバンクの中には三井住友銀行のように無人契約機が設置されているものもありますが、それでも反社チェックに時間がかかるので、最短で1営業日、平均的には2営業日程度の時間がかかってしまうためです。

メガバンクでお金を借りる場合には、いくら遅くともお金が必要になる2日前までには申し込みを完了させておく必要があります

ネット銀行や地方銀行は1週間以上の時間が必要

ネット銀行や地方銀行はカードが郵送されないとお金を借りることができません。

審査に通過して、カードが手元に届くまでの時間に1〜2週間はかかってしまいます。

ネット銀行や地方銀行からお金を借りたい場合には、お金が必要になる2週間前には申し込みを完了させておきましょう。

銀行カードローンで審査は厳しい

銀行カードローンでももちろん審査は行われ、その審査は金利が低い分消費者金融の審査よりも厳しくなります。

消費者金融の審査ポイントを全て抑えた上で、以下のポイントを押さえる必要があります。

  • 勤続年数1年以上
  • 他社借入件数1件以下

これらの基準を満たしていれば審査に通過できる可能性がありますが、勤続年数が1年未満他社借入が2件以上あるだけでも審査通過は難しくなります。

正社員で一定期間勤務していない人は、残念ながら銀行カードローンには通過できない可能性が高いと言えるでしょう。

少しだけすぐにお金を借りたい時には不向き

銀行カードローンは大きなお金を借りる場合には低金利で借りられることがメリットがありますが、「すぐに10万円借りたい」などの少しのお金をすぐに借りたい場合には非常に不向きとなります。

借入までに時間がかかり、無利息期間がないので、すぐにお金が必要な場合には、無利息期間のある大手消費者金融のカードローンの方がメリットがあります。

カードローン以外でお金を借りる相談先

ここまで、消費者金融と銀行からキャッシングする方法について解説してきましたが、どの方法でも審査が必ず行われます。

審査なしでお金を貸すのは基本的には闇金だけです。 しかし、以下の4つの方法であれば、実質的な審査なしでお金を借りることができます。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 郵便局や銀行の総合口座貸付
  • 生命保険の契約者貸付
  • 公的融資制度や地方公共団体
  • 給料ファクタリング

これらの方法であれば、消費者金融カードローンの審査に通過できない人でも資金調達できますし、中には即日で資金調達できるものもあります。

消費者金融や銀行カードローンの審査に通過できない場合の資金調達方法を詳しく理解しておきましょう。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング枠を持っている人は、クレジットカードを利用してATMやCDからキャッシングすることができます。

クレジットカードには以下の2つの枠があります。

  • ショッピング枠:買い物代金を決済する枠
  • キャッシング枠:現金を借りる枠

クレジットカードを作った時に、カードによっては最初からキャッシング枠がついているケースがあります。 この場合には審査なしでキャッシングすることが可能です。

ただし、ショッピング枠しかないカードにキャッシング枠をつける場合には、消費者金融カードローンと同じような審査を受ける必要があるので、ブラックなどの人は審査に通過することが非常に難しくなります。

郵便局や銀行の総合口座貸越

郵便局や銀行などから総合口座貸越を受ける方法でもお金を借りることができます。

総合口座貸越とは、総合口座に入金されている預金を、担保のその預金の範囲内までは普通預金からお金を借りることができるという方法です。

なお、総合口座とは表が普通預金通帳、裏が定期預金通帳の普通預金と定期預金が1冊になっている通帳のことです。

例えば、総合口座の定期預金に10万円入金になっている場合は、普通預金の残高を10万円にすることができ、この場合は審査なしで10万円借りることができます。

すでに総合口座に定期預金を入金している人は、この方法でATMからすぐにお金を借りることが可能です。

生命保険の契約者貸付

生命保険に加入している人は、生命保険の契約者貸付制度を利用してお金を借りることができます。

生命保険の契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金の範囲内でお金を借りることができるというもので、金利も2%程度の低利です。

例えば、解約返戻金が100万円貯まっている人は、この100万円の範囲内でお金を借りることができます。

申し込みから2週間程度の時間がかかりますが、解約返戻金付きの生命保険に加入している人は、この方法で確実にお金を借りることが可能です。

公的融資制度や地方公共団体

お金がない人向けに、公的な融資制度が用意されていますので、この方法でお金を借りることもできます。

主な制度としては以下のようなものがあります。


融資制度金利融資対象
生活福祉資金貸付制度無利子、または1.5%低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯
求職者生活資金融資制度3.0%失業中・求職中の人
母子父子寡婦福祉制度無利子、または1.0%子供を養育している母子家庭・父子家庭の人
年金担保貸付2.8%生活が厳しい年金生活者

これらの公的な融資制度は、収入の低い人仕事がない人など、銀行や消費者金融の審査に通過できない属性の人ほど借りやすくなっています。

どこからもお金を借りることができない人は、担当窓口である市区町村役場の福祉課社会福祉協議会に相談してみましょう。

給料ファクタリング

ここまで様々なお金を借りる方法をご紹介してきましたが、以下の条件に該当する人はお金を借りることはできません。

  • カードローンの審査に通らない
  • クレカのキャッシング枠も持っていない
  • 総合口座定期預金もない
  • 解約返戻金付きの保険に契約していない
  • 公的融資も受けられない

このような場合には、お金を借りる手段はないのでしょうか?

そのようなことはありません。

上記の全てに該当して、どこからもお金を借りる方法がない人でも給料ファクタリングという方法を利用すれば、資金調達することができる可能性があります。

給料ファクタリングとは、未払いの給料をファクタリング会社に売却する方法ですので、安定した給料を受けっている人であれば個人信用情報がブラックでもお金を調達することができます。

手数料は給料の10%〜20%程度かかってしまいますが、どこからでもお金を借りることができない人でも審査に通過する可能性は高い方法即日資金調達も可能です。

お金を借りることができない場合の有力な方法ですので、給料ファクタリングについても頭に入れておきましょう。

お金を借りる主な手段は「消費者金融」か「カードローン」

お金を借りる主な方法は消費者金融カードローンと銀行カードローンです。

消費者金融カードローンの特徴は以下の通りです。

  • 即日融資可能
  • 無利息期間がある
  • 金利が高い

また、銀行カードローンには以下のような特徴があります。

  • 金利が低い
  • 審査が厳しい
  • 即日融資は不可能

どちらの方法も審査が行われるので、落ちる可能性があります

カードローンなどの審査に通過できない場合には、公的融資制度給料ファクタリングなどの方法も検討するようにしましょう。

給料前払いサイト
(ペイトレ)

PayTrade(ペイトレード)は
あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込できる
サービスサイトです。
ユーザー登録数
No.1
2,925
  • 1万円から現金化できる
  • メール・電話対応OK
  • 対面不要
  • 24時間365日受付中
  • 全国OK
  • すぐにお金をゲット
  • 融資ではありません
  • 信用情報等の問題なし
  • ブラックOK

カンタン
給料前払い

お申込みありがとうございます!
(※まだ完了ではありません)

勤務経験と月給があれば一次審査はOKです。
二次審査が完了次第すぐのご入金が可能ですので、引き続き情報のご入力をお願い致します。

※docomo.ne.jp、softbank.jp、ezweb.ne.jpなどの携帯メールアドレスでは、パソコンからのメールを受信拒否する初期設定をされている場合がございます。pay-trade.netからの受信許可の設定をお願いいたします。

ご入力ありがとうございます。
ご入金の準備を行いますので、給料明細と社会保険証を撮影して添付して下さい。

添付がある場合はスムーズなご入金が可能ですが、
お手元にない場合は一旦申込みを完了させてから送付頂いても問題ありません。

最後に、通帳の履歴を過去2ヶ月分撮影して添付して下さい。
(ネットバンクの場合はスクリーンショットで大丈夫です)
ネットバンクのリンク一覧はこちら

ご注意

お申込みありがとうございます。

ペイトレを利用した給料の前払い(給料ファクタリング)は、お電話・メールでの本人確認のご連絡が出来次第、受付完了となります。

申込後は、必ずお電話・メールで連絡を差し上げますので、連絡が取れる状態にしておいて下さい。

同意できる方のみ、以下の[同意する]にチェックを入れてから申込ボタンを押してください。

プライバシーポリシーはこちら

次へ

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

除外申請は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 申請の内容を教えてください。(必須)

2. 詳細(任意)

0 / 1000

ページ最上部へ