• 給料前払いサービス

給料売買・前払いプラットフォームPayTrade

あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込します。

クレジットカード現金化。業者の選び方と現金化のリスクを解説

登録日:2020.3.4  |  最終更新日:2020.4.1


信用情報がブラックでどこからもお金を借りることができない人でも、クレジットカードさえあれば現金化することができる方法がクレジットカードの現金化です。

「クレジットカード現金化って何?」

「違法行為ではないの?」

「悪徳業者や闇金に騙される心配はない?」

クレジットカードの現金化についてよく知らない人は、このような心配をすることも多いのではないでしょうか?

クレジットカード現金化は優良業者と付き合えば安心ですし、業者を使わずに自分で現金化することも可能です。

クレジットカード現金化の概要と、おすすめ業者の紹介、さらに自分で現金化する方法についても解説していきます。

クレジットカードの現金化にはリスクもあります。 現金化の方法とメリットとデメリットをよく理解した上で現金化をするようにしてください。

最短即日でお金をゲットしたい方はこちら!

クレジットカード現金化って何?

まずはクレジットカード現金化の概要について解説していきます。

一言で言えば、クレカの現金化はクレカで買った商品を売って売却するだけです。

ただし、事前にショッピング枠の残高や、カードの締め日と支払日、そして商品ごとの換金率などについて理解しておく必要があります。

クレジットカード現金化について詳しく解説していきます。

クレジットカードのショッピング枠を使って現金に換金する

クレジットカード現金化はクレカのショッピング枠を使って購入した商品を売却して現金を手に入れる方法です。

クレジットカードさえ持っていれば、審査を改めて受けることなく現金を手に入れることができるので、信用情報がブラックでも資金調達することができます。

そのため、クレジットカード現金化をする前には「自分のショッピング枠があといくらあるのか」という確認を怠らないようにしましょう。

当然ですが、ショッピング枠の範囲内でしか商品を購入することができないためです。 また、クレジットカードの締め日と支払日の確認も大切です。

例えば、締め日が毎月25日、支払日が翌月末のクレジットカードの場合には、24日に商品を買ったら支払いは翌月末になりますが、26日に商品を買えば翌月25日締め翌々月末払いになります。

締め日と支払日によって、支払いまでの時間が大きく異なるので「いつ買い物をして、いつ支払いなのか」という確認をすることは重要です。

クレカで買った商品は所定の買取率で換金できる

クレジットカードで購入した商品を、一定に買取率で換金することができます。

換金率は商品や店舗によって異なります。

買取率90%で買い取ってくれる商品を10万円購入し、換金すれば9万円の現金を手に入れることができますし、換金率の低い商品を購入した場合には少ない金額しか手にすることができません。

そのためクレジットカード現金を行うときには事前に以下の2点を把握しておくことが大切です。

どの業者が買取率が高いのか どの商品が買取率がよいのか クレジットカード現金化自体はシンプルに行うことができる資金調達手段ですが、事前のリサーチがとても大切になります。

現金化は業者を使えば簡単。おすすめ業者と業者選びのポイント

商品をクレカで買って売るだけのクレカの現金化ですが、すぐに売る商品を購入し、高く売ってくれる業者を探すのは面倒です。

このような人は、クレジットカード現金化をしてくれる業者を利用するのがおすすめです。

換金率の高い安心な業者と口コミを紹介していきます。

口コミや評判おすすめのクレジットカード現金化業者と比較ポイント

換金率と資金化の速さから現金化のおすすめ業者をご紹介していきます。

業者名

最高換金率

最短換金速度

24キャッシュ

98.8%

10分

プライムウォレット

98.0%

10分

あんしんクレジット

98.8%

10分

換金クレジット

98%

5分

インパクト

98.6%

5分

これらの業者は以下の評価が高い会社です。

  • 最初から高換金率が期待できること
  • 換金スピードが早いこと
  • 接客対応がよいこと

「現金化業者は怖い」と考えている人でも、これらの業者であれば、名前も聞いたことがない業者と取引をするよりは安心な取引ができるのではないでしょうか?

また、業者を選択するときにはこれらの比較ポイントを使って優良業者を見定めるようにしてください。

即日マネー.netなどクレジットカード現金化比較サイトも利用できる

クレジットカード現金化には様々なリスクがあります。

  • 悪徳業者にクレカの情報を盗まれ悪用される
  • カード会社にバレて一括請求される
  • 現金化業者が実は闇金だった

クレジットカード現金化業者はほとんどが無店舗営業でWEB上で運営しているだけです。

そのため、自分で安全な業者を探すのは困難でリスクが高いと言えます。 安全な業者を探すのであれば、即日マネー.netなどの情報サイトを活用するのもよいでしょう。

このようなサイトは、おすすめ業者の紹介や現金化のリスク、そして悪徳業者の被害にあった人の口コミなども紹介されています。

現金化業者にとって都合のよいことばかり紹介しているサイトよりも信用度は高いと言えますので、「どの業者を選んでよいか分からない」という場合には、情報サイトも参考にしてください。

個人がクレジットカード現金化を自分で行う方法

クレジットカードの現金化は業者を使えば簡単に行うことができます。

しかし、業者を使うことによって換金率はどうしても下がってしまいますし、中には悪徳業者も混じっています。

高い換金率で、悪徳業者を避けて現金化するのであれば自分で現金化する方法がおすすめです。 自分で現金化する方法や、現金化に適した商品について詳しくみていきましょう。

Amazonギフト券以外のクレジットカードに適した安心な商品は?

クレジットカード現金化を自分で行う場合には、とにかく買取率が高く、換金しても怪し稀ない商品を購入することです。

買取率が高い商品としてAmazonギフト券が有名です。 しかし、Amazonギフト券以外にも買取率の高い商品は多数あります。

  • ブランド品
  • 新幹線の回数券
  • レアなゲーム機
  • 金券

商品の買取率はタイミングや季節によって異なります。

まずは「今、換金すればどの商品が最も買取率が高いのか」ということを事前にリサーチして、できる限りコストをかけずに資金調達できる商品を探しましょう。

自分で行う現金化方法の手順とは?

自分でクレジットカード現金化をする方法は非常にシンプルです。

  1. 買取率の高い商品を探す
  2. クレジットカードのショッピング枠で購入する
  3. 買取率の高い店舗を探す
  4. 商品を売却して現金化する

商品を売却する業者はどこでも構いません。

大黒屋などの金券ショップであればすぐに現金化することができますし、Amazonギフト券でもオンライン上ですぐに現金化することも可能です。

ブランド品などであれば、時間があればネット上で売却してもよいでしょう。

自分の時間が許す範囲で最も高く現金化することができる業者に売却することで現金化は可能です。

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化は、クレジットカードさえ持っていれば確実に現金を手に入れることができる方法であることは間違いありません。

しかし、クレカの現金化にはリスクもあります。

法律違反ではありませんが、カード規約に違反していますし、本当に借金苦になった時に自己破産が不可能になるという大きなリスクも抱えています。

クレカ現金化のリスクについてもしっかりと認識しておきましょう。

クレカの公式規約ではクレカで買ったものを売る現金化は禁止

クレジットカードの現金化は違法ではありません。

しかし、クレジットカードの利用規約では、クレジットカードで買った商品を現金化することは禁じられています。

そのため、クレジットカード会社に現金化したことがバレてしまうとクレジットカードの利用が停止されます。

停止されるだけでなく、最悪のケースとしてクレジットカードの契約が強制的に解除されるリスクもあります。

クレジットカードの強制解約となってしまうと、利用代金の一括請求が行われ、個人信用情報はブラックになります。

一括請求された代金を支払うことができないと、給料の差し押さえなどに発展する可能性も否定できません。

クレカの現金化がカード会社にバレてしまうと、取り返しのつかない事態へと発展してしまうリスクも考慮しておいた方がよいでしょう。

クレカ現金化をすると自己破産が不可能に

クレジットカードの現金化をすると自己破産が不可能になってしまう点にも注意が必要です

破産法第252条1項1項には以下のように明記されています。

「破産手続の開始を遅延させる目的で,著しく不利益な条件で債務を負担し,又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。」

「信用取引により商品を買い入れて」というのはクレジットカードで商品を購入することが該当します。

つまり、クレジットカード現金化は自己破産の免責不許可事由に該当するため、クレカ現金化を繰り返し支払不能になったとしても、裁判所から自己破産を認めてもらえる可能性が低くなってしまうのです。

クレカ現金化をする人は、そもそも多額の借金を抱えて、どこからもお金を借りることができない人です。

クレカ現金化をすることによって自己破産ができないのであれば、現金化に手を出さずに最初から自己破産をしておいた方がメリットがある場合も多いのです。

どこからもお金が調達できない時の対処法2選

クレカ現金化にはリスクがあります。

少なくとも将来的に自己破産を検討しているのであれば、現金化は避けた方がよいでしょう。

現金化以外で資金調達することができる方法としては以下の2つがあります。

  • 国のローンを利用する
  • 給料ファクタリングを利用する

消費者金融などの審査に通過できない、クレカの現金化も避けたいという人が資金調達できる2つの方法について詳しく解説します。

国のローンを利用する

国は低所得者や母子家庭、父子家庭向けに貸付金制度を用意しています。

以下のような制度を利用すれば、経済上の理由からどこからも資金調達することができない人でも資金調達することができる可能性があります。


融資制度

金利

融資対象

生活福祉資金貸付制度

無利子または1.5%

低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯

求職者支援資金融資制度

3.0%

失業中、休職中の人

母子父子寡婦福祉資金貸付

無利子または1.0%

子供を養育している母子家庭・父子家庭の人

年金担保貸付

2.8%

生活が厳しい年金生活者

これらのローンは個人信用情報を照会しません。 そのためブラックでも借りることができる可能性があります。

お住まいの自治体の市区町村役場や社会福祉協議会が窓口となっていますので、詳しくは問い合わせをしてみましょう。

給料ファクタリングを利用する

給料ファクタリングを利用することでも資金調達可能です。

給料ファクタリングとは、給料日前の給料債権をファクタリング会社へ売却して、最短即日で資金化する方法です。

簡単に言えば20%程度の手数料を支払って、給料を前借りすることというイメージです。

例えば、20万円の給料を手数料20%でファクタリングすれば16万円の現金を最短即日で資金化することができます。

審査させるのは、債務者である勤務先ですので、申込者が信用情報ブラックでも資金調達できる可能性があります。

クレジットカード現金化以外の方法も検討の余地あり

クレジットカード現金化は、業者を使う方法と自分で行う方法があります。

業者を使う場合には安全で買取率の高い業者を選ぶことが大切です。

自分で現金化する場合には買取率の高い商品と業者を前もってリサーチすることが重要になります。

ただし、現金化はクレカにバレた時のリスクや自己破産ができないなどのデメリットがあります。

現金化だけでなく、公的融資制度や給料ファクタリングなども併せて検討しましょう。

給料前払いサイト
(ペイトレ)

PayTrade(ペイトレード)は
あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込できる
サービスサイトです。
ユーザー登録数
No.1
1,951
  • 1万円から現金化できる
  • メール・電話対応OK
  • 対面不要
  • 24時間365日受付中
  • 全国OK
  • すぐにお金をゲット
  • 融資ではありません
  • 信用情報等の問題なし
  • ブラックOK

カンタン
給料前払い

お申込みありがとうございます!
(※まだ完了ではありません)

勤務経験と月給があれば一次審査はOKです。
二次審査が完了次第すぐのご入金が可能ですので、引き続き情報のご入力をお願い致します。

※docomo.ne.jp、softbank.jp、ezweb.ne.jpなどの携帯メールアドレスでは、パソコンからのメールを受信拒否する初期設定をされている場合がございます。pay-trade.netからの受信許可の設定をお願いいたします。

ご入力ありがとうございます。
ご入金の準備を行いますので、給料明細と社会保険証を撮影して添付して下さい。

添付がある場合はスムーズなご入金が可能ですが、
お手元にない場合は一旦申込みを完了させてから送付頂いても問題ありません。

最後に、通帳の履歴を過去2ヶ月分撮影して添付して下さい。
(ネットバンクの場合はスクリーンショットで大丈夫です)
ネットバンクのリンク一覧はこちら

ご注意

お申込みありがとうございます。

ペイトレを利用した給料の前払い(給料ファクタリング)は、お電話・メールでの本人確認のご連絡が出来次第、受付完了となります。

申込後は、必ずお電話・メールで連絡を差し上げますので、連絡が取れる状態にしておいて下さい。

同意できる方のみ、以下の[同意する]にチェックを入れてから申込ボタンを押してください。

プライバシーポリシーはこちら

次へ

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

除外申請は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 申請の内容を教えてください。(必須)

2. 詳細(任意)

0 / 1000

ページ最上部へ