• 給料前払いサービス

給料売買・前払いプラットフォームPayTrade

あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込します。

即日融資で甘い審査を希望するなら。中小消費者金融の審査基準を徹底解説

登録日:2020.3.4  |  最終更新日:2020.4.1


  • 「今日すぐにお金を借りたい」
  • 「審査には自信がない」
  • 「ブラックでも即日融資を受けられる会社を探している」

このように審査が甘くて即日融資を受けられる会社を探している人も多いのではないでしょうか?

審査は必ず行われますが、審査が甘い業者が存在するのも事実です。

個人信用情報に問題があり大手消費者金融の審査に通過することができない人でも、お金を借りることができる可能性のある消費者金融を紹介していきます。

「どこからもお金を借りられない」と闇金に手を出す前に、正規の業者で審査がゆるい業者への申し込みを試してみましょう。

最短即日でお金をゲットしたい方はこちら!

即日融資で審査が緩いキャッシング3つの条件

即日融資で審査が緩い消費者金融とはどのような業者なのでしょうか?
  • 信用情報に問題があっても借りられる
  • 多重債務でも借りられる
  • 即日融資に対応している

銀行カードローンは、即日融資に対応していないので、この時点で対象外になります。 つまり、即日融資で審査が緩いキャッシングは消費者金融一択です。

消費者金融にはアコムやプロミスやアイフルなどの大手消費者金融と中小の消費者金融が存在します。

大手消費者金融は即日融資には圧倒的に強い反面、審査は中小消費者金融よりも厳しい傾向があります。

一方、中小の消費者金融は審査は大手消費者金融よりも緩いものの、即日融資を取り扱っている業者は限定的と言えます。

消費者金融

審査

即日融資

大手消費者金融

中小よりは厳しい

対応

中小消費者金融

緩め

対応する業者は限定的

大手消費者金融と中小消費者金融では、どちらが「即日融資で審査が甘い」のか、詳しく比較していきましょう。

即日融資なら大手!大手消費者金融のキャッシングは審査が甘い?

即日でお金を借りたいのであれば大手消費者金融にまず申し込んだ方がよいでしょう。

大手消費者金融は以下の3つの理由で即日融資に非常に強みを持っています。

  • 土日祝日でも審査対応
  • 最短30分融資
  • 無人契約機が設置されている

大手消費者金融は曜日に関わらず審査を行なっており、仮審査をコンピューターが瞬時に行うので非常に早くなっています。

申込から30分程度で審査を終えることができ、さらに無人契約機で休日もローンカードの受け取りが可能です。

即日融資に圧倒的な強みを持っている大手消費者金融の審査はどのような基準で行われるのでしょうか?

即日融資OKの大手消費者金融の借入審査が甘いのはこんな人

即日融資に強い大手消費者金融は、以下の全ての基準を満たしている人であれば審査に通過することは難しくありません。

  • ブラックではない
  • 総量規制の枠が空いている
  • 多重債務でない
  • 安定収入がある

大手消費者金融の審査に通過できる人の条件について詳しく解説していきます。

ブラックではない人

個人信用情報がブラックではないというのは、大手消費者金融からお金を借りる上で大前提の条件になります。

審査では最初に個人信用情報がチェックされるので、個人信用情報がブラックの人はその時点で審査に落とされてしまいます。

たとえ他の情報がどんなに良好であろうと、ブラックということが分かった時点で問答無用で審査落ちになります。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 長期延滞

これらの情報が信用情報に記録されているブラックの人は、絶対に審査に通過できません。

まずは自分の信用情報に金融事故に該当する情報がないかどうかを確認するようにしましょう。

総量規制の枠が空いている人

総量規制の枠に空きがある人でなければ、大手だけでなく中小の消費者金融の審査にも通過できません。

総量規制とは消費者金融などの貸金業者からの借り入れ額の合計は、年収の3分の1以内に収めるという法律上の決まりです。

これは法律によって決まっていることですので、総量規制の枠をすでにオーバーしている人はこの時点で審査落ちが確定します。

自分の借入額を確認し、総量規制の枠をオーバーしていないかどうか事前に確認しておきましょう。

多重債務でない人

大手消費者金融は多重債務者に対しても厳しい目線で審査を行います。

一般的に多重債務者とは借入本数が4件以上ある人です。

すでに借入件数が3本以上の人は、新たに借入をすることによって4本以上の多重債務者になってしまうので審査通過は難しくなります。

申込段階で借入件数が2件以下の人の方が大手消費者金融は甘い目線で審査を行います。

安定収入がある人

大手消費者金融は、申込者本人に安定収入がある人でないと審査に通過することはできません。

パートやアルバイトでもよいので、本人名義の収入を得ている必要があります。

そのため、大手消費者金融は専業主婦に対する融資は行なっていません。

具体的には年収30万円以上で勤続3ヶ月以上あれば、審査に通過できる可能性がありますし、勤続年数3年以上の正社員であれば審査に通過できる可能性は高いと言えます。

大手消費者金融カードローンは申込者本人に安定収入がある人が申し込みを行うようにしましょう。

大手消費者金融の借入はブラックでは審査に通らない

大手消費者金融は信用情報に金融事故があるブラックの人は通過することはできません。

審査で個人信用情報に金融事故の記録を見つけただけで、その時点で審査には落とされてしまいます。

例えば、過去に債務整理をしたことがある人などが審査に通過することは不可能です。

上記の条件を満たしている人から見れば大手消費者金融の審査は「甘い」と言えるかもしれませんが、ブラックの人にとっては大手消費者金融の審査は厳しいと言えます。

大手消費者金融に落ちた人が即日融資を受ける方法はないのでしょうか?

借り入れ審査の甘いカードローンなら中消費者金融へ

大手消費者金融の審査にブラックなどの理由で通らないのであれば、中小の消費者金融に申し込むことで審査に通過できる場合があります。

中小の消費者金融は 大手よりも審査が甘い ブラックでも通ることがある などの特徴があるので、大手の審査に落ちた人でも中小であれば借り入れができる場合もあるのです。

中小の消費者金融がなぜ大手よりも審査が甘いのか、詳しく見ていきましょう。

中小消費者金融の審査は大手よりは甘い

中小の消費者金融の審査は一般的に大手よりは甘くなります。

中小の消費者金融へ申し込む人の多くが大手の審査に落ちた人だからです。

普通の人は最初は銀行や大手に申し込みを行い、大手の消費者金融の審査に落ちたら中小の消費者金融へ申し込みを行います。

そのため、大手ではカバーできないリスクをカバーできなければ中小の消費者金融は融資対象がいなくなってしまいます。

中小の消費者金融は大手消費者金融の審査に落ちた人へ融資をしなければ、融資先がなくなってしまうので大手よりも緩い審査を行なっているのです。

中小消費者金融はブラックでも審査に通りやすい?

中小の消費者金融はブラックでも通ることがあります。

大手はブラックというだけで審査に落としてしまいますが、中小消費者金融はブラックというだけ必ずしも審査に落とすようなことはしません。

過去に金融事故があったとしても、今は真面目に働き借金も整理して返済能力に問題がない人も多数存在します。

中小の消費者金融はまさにそのような人を融資対象としているので、ブラックというだけで審査に落とすことなく、申込者の収入・借金・人柄などの情報から返済能力を判断し、融資の可否を決定します。

ブラックでも「今は返済能力に問題ない」と判断されれば中小消費者金融は審査に通過できる可能性があるのです。

中小の街金・サラ金は審査がゆるいが即日融資には弱い

確かに大手消費者金融よりも審査が緩い中小の消費者金融ですが、即日融資には弱いのがデメリットです。

  • 平日しか審査をしていない
  • 振込融資しか対応していない会社が多い
  • 店頭契約が必要な会社もある

規模の小さな中小の消費者金融は審査の人員もシステムも充実していないので、審査や契約までに時間がかかってしまうことがあります。

そのため、大手のように高い確率で即日融資ができるわけではありません。

即日融資対応の審査が甘い消費者金融一覧

中小の消費者金融であれば、大手消費者金融の審査に落ちた人でも審査に通過できる可能性があります。

しかし規模の小さな中小の消費者金融は、即日融資に対応している業者が少ないのが難点です。 そこで、即日融資に対応している中小の消費者金融を一覧にしてみました。 


消費者金融

金利

融資限度額

無利息期間

融資までのスピード

カード発行

ベルーナノーティス

4.5〜18.0%

300万円

14日間

最短即日

郵送

フクホー

7.3〜18.0%

200万円

なし

最短即日

なし

セントラル

4.8%〜18.0%

300万円

なし

最短即日

無人契約機

フタバ

14.959%~17.950%

200万円

30日間

最短即日

なし

アロー

15.0%~19.94%

200万円

なし


(最短45分審査完了)

なし

中小の消費者金融の中でも無利息期間がついているものもありますし、セントラルやベルーナノーティスのようにカード発行があるものもあります。

申込時に「今日お金が必要」と伝えれば即日融資に対応してくれる場合もあるので、いつお金が必要なのか、ということは事前に明確に伝えておいた方がよいでしょう。

借り入れ審査が緩い中小消費者金融からお金を借りる3つのポイント

審査が甘い即日融資対応の中小消費者金融を探すには3つのポイントがあります。

  • 非対面で契約できる業者を探す
  • できる限り午前中の早い時間に申し込む
  • 近くのサラ金や街金の相談する

お金を取りに行くことができる業者か、面談しなくてもWEBやFAXで契約が完了できる業者申し込みを行いましょう。

また、審査にかかる時間を考慮して、できる限り午前中の早い時間に申し込むことも大切です。

中小消費者金融から即日融資を受けるためのポイントについて詳しく解説していきます。

非対面で契約できる業者を探す

即日融資を希望するのであれば非対面で契約できる業者を選択しましょう。

対面契約が必要な業者は、来店や面談に時間がかかってしまうためです。

非対面で契約できる業者であれば、審査通過後すぐに契約することができるので契約までの時間がかかりません。

近くに消費者金融の店舗がない場合には、非対面で契約できる業者を選ぶことが重要です。

できる限り午前中の早い時間に申し込む

即日融資を希望するのであれば平日の午前中の早い時間帯に申し込みをするようにしましょう。

人員が充実していない中小の消費者金融は、繁忙期には審査の順番が後になってしまうことがあります。

そのため営業時間前にインターネットで申し込みを行い、営業が始まったら「急ぎでお金が必要」という旨を伝えることで、早く審査に通過することができるようになります。

大手のようにコンピューターが審査を行う業者ばかりではないので、できる限り早い時間に申し込むことが大切です。

近くのサラ金や街金の相談する

近くに街金やサラ金があるのであれば直接店頭へ行って相談するのがよいでしょう。

店頭で申し込みをすれば、そのまま審査が行われ、その場で直接現金を借りることができる業者が多数あります。

地元で安心できる業者を知っているのであれば、直接店頭へ行くことで即日融資を受けることができる可能性は高くなります。

闇金と中消費者金融の2つの見分け方

中小消費者金融について「名前を聞いたことがない」という人がほとんどではないでしょうか?

名前を聞いたことがない業者と「ホームページがあるから大丈夫だろう」程度の気持ちでお金を借りてしまうと実際には闇金だったということもあります。

中小消費者金融と闇金を見分けるためには以下の2つのポイントがあります。

  • 登録貸金業者か否か
  • 表示金利が月利か年利か

中小消費者金融へ申し込む前に闇金と中小消費者金融の見分け方についても詳しく理解しておきましょう。

登録貸金業者か否か

合法の業者は国や都道府県へ登録貸金業者として登録しなければなりません。

登録貸金業者は金融庁の登録貸金業者検索サービスで検索することができます。

ここで業者名を検索することができれば正規の登録貸金業者ですので、取引をしても安心です。

一方、検索できない場合には闇金の可能性が高いので取引をしてはいけません。

最も確実に闇金を見分けることができる方法ですので、名前を聞いたことがない業者と取引する場合には登録貸金業者検索サービスを利用しましょう。

金利に注目!月利か年利か

金利が年利表示されているか、月利(1ヶ月あたりの金利)で表示されているかを確認することでも闇金を見極めることができます。

貸金業者は金利は年利表示することを義務付けられているので安全な業者は必ず金利が年利で表示されています。

一方、闇金は金利の低く見せるために「月利10%」などと表示している場合もあります。

月利10%というのは年利換算で120%ですので、明らかな違法金利です。

金利の表示がしっかりと年利表示されているかどうかも闇金を見極めるための重要ポイントです。

ブラックでも審査に通る審査なしの資金調達方法

中小消費者金融も審査があります。いくらブラックでも審査に通過する可能性があると言っても、「返済不可能」と判断されてしまったらお金を借りることはできません。

そこで、ブラックの人でも資金調達することができる2つの方法をご紹介していきます。

クレジットカード現金化

クレジットカードを持っている人であれば誰でも資金調達できる方法です。

手持ちのクレジットカードのショッピング枠で金券などを購入し、その金券を売却することで資金調達が可能です。

ただし、クレジットカード現金化はクレカの利用規約違反ですので、カード会社にバレた場合にはカードが利用停止になります。

確実に現金が手に入る方法ですが、リスクもあるということは十分に理解しておく必要があります。

給料ファクタリング

給料日前の給料をファクタリング会社に売却して現金化する方法です。

給料ファクタリングの審査対象は勤務先ですので、勤務先に信頼があれば利用者がブラックでも審査に通過できる可能性があります。

即日資金化可能で、会社にバレる心配もありません。 ただし手数料が20%程度必要になるというのがデメリットです。

どこからもお金を借りることができない人が資金調達するための確実性の高い方法ですが、手数料が高いので、困った時だけ利用するとよいでしょう。

比較的審査が甘いのは中小の消費者金融

審査が甘いキャッシングと言えば中小の消費者金融です。

ただし、中小の消費者金融は即日融資は得意としていません。

即日融資を希望するのであればまずは大手消費者金融へ申込をして、大手の審査に落ちた場合には早めに中小消費者金融へ申込をするようにしましょう。

いくら中小の消費者金融の審査が甘いと言っても、審査に落ちてしまう可能性も十分にあります。

そのような時には闇金に手を出すのではなく、給料ファクタリングなどの資金調達方法も検討するようにしましょう。

給料前払いサイト
(ペイトレ)

PayTrade(ペイトレード)は
あなたがもらう予定のお給料を最短即日で振込できる
サービスサイトです。
ユーザー登録数
No.1
1,952
  • 1万円から現金化できる
  • メール・電話対応OK
  • 対面不要
  • 24時間365日受付中
  • 全国OK
  • すぐにお金をゲット
  • 融資ではありません
  • 信用情報等の問題なし
  • ブラックOK

カンタン
給料前払い

お申込みありがとうございます!
(※まだ完了ではありません)

勤務経験と月給があれば一次審査はOKです。
二次審査が完了次第すぐのご入金が可能ですので、引き続き情報のご入力をお願い致します。

※docomo.ne.jp、softbank.jp、ezweb.ne.jpなどの携帯メールアドレスでは、パソコンからのメールを受信拒否する初期設定をされている場合がございます。pay-trade.netからの受信許可の設定をお願いいたします。

ご入力ありがとうございます。
ご入金の準備を行いますので、給料明細と社会保険証を撮影して添付して下さい。

添付がある場合はスムーズなご入金が可能ですが、
お手元にない場合は一旦申込みを完了させてから送付頂いても問題ありません。

最後に、通帳の履歴を過去2ヶ月分撮影して添付して下さい。
(ネットバンクの場合はスクリーンショットで大丈夫です)
ネットバンクのリンク一覧はこちら

ご注意

お申込みありがとうございます。

ペイトレを利用した給料の前払い(給料ファクタリング)は、お電話・メールでの本人確認のご連絡が出来次第、受付完了となります。

申込後は、必ずお電話・メールで連絡を差し上げますので、連絡が取れる状態にしておいて下さい。

同意できる方のみ、以下の[同意する]にチェックを入れてから申込ボタンを押してください。

プライバシーポリシーはこちら

次へ

お知らせ

コラム - 週間ランキング

もっと見る

コラム - 新着記事

もっと見る

除外申請は運営にのみ届きます。
相手側に通知はされませんのでご安心ください。

1. 申請の内容を教えてください。(必須)

2. 詳細(任意)

0 / 1000

ページ最上部へ